R1150GSのタンク塗装再研磨 続き

明けましておめとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

さて、R1150GSのビッグタンク磨き直しの続きです。
電動ポリッシャーも買い、磨きまくった。とりあえずピカピカになった。

とまあ、こう書いてくると数日間でパッパと終わらせたかのように見えますが、実は4月から12月にかけて、4回もこの作業をやり直している。
2回め3回めはめんどくさくて写真撮っていません。

一旦終わり、これでいいかな?と思ったら粗が見つかり、また磨く、ということをやっていたら部分的にクリアー層が削れて下地の黒が出てきてしまい……
また全体にクリアー吹きをやって、ペーパーかけてコンパウンド磨きというのをもう一回やる羽目になった。黒の層まで削っちゃったら、また塗装やり直すところでした。
d0161702_16290240.jpg

強調しておきたい反省点として、ブラック塗装は本当にアラが目立つ。
なので手抜きできない。
手順としての反省は、ブラック塗装して乾燥した段階=クリアー吹きの前 に一回しっかり水研ぎしておけばよかったのです。1000番程度で磨いて、表面の凹凸を取る。そうすればクリアー吹き後の磨きがかなり楽になったはずです。


どこでどういう風に引っかかっていたかというのを図示してみましょう。

塗膜の断面を模式的に描いてみました。
こうなっているのが理想の仕上がりです。
d0161702_08080836.jpg




順を追って書きますと、まずタンクの地肌にカラー塗装すると、このような凹凸状態で出来上がります。
d0161702_08062877.jpg

その凹凸を削らずに上にクリアーを吹き付けると……
こうなってくれるのを期待しているんですが……
d0161702_08070361.jpg



実際にはこのようになってしまう。
d0161702_08072132.jpg




その状態で水研ぎして凹凸を削り取ると、こうなっちゃうんですよ。
d0161702_08074137.jpg



だから、カラー塗装とクリアー塗装の間に一回水研ぎを入れる、って手順が必要になる。
そこを横着すると、僕みたいにいつまでたっても凹凸が取れないと思ったら削りすぎて下地が出てくるという目に遭う。




エアーウレタンクリアーを合計3缶、最初のクリアー吹きから数えて7缶もつかってしまい、クリアースプレー代に2万ちかく取られた。耐水ペーパーも買い足した。

こんな手間かけるなら、最初から中間に一回水研ぎ入れて、それからクリアーを厚く吹けばよかったよ。安物買いの銭失いをまたやってしまった。
この作業があって、春から秋にかけてバイクが断続的に動かせなくなるという……本末転倒とはこのことだ。

しかし、何度も磨いて平滑になった表面です。
ただクリアーを吹いただけでかなりきれいな表面だ。全部水研ぎする必要はない。
アラのできたところだけを1000番で削り落とし、あとは同じ手順。
1500,2000,3000番とペーパーがけし、コンパウンド磨き。
d0161702_08082728.jpg


やっと、今度こそやっと、満足行く仕上がりになりました。
最後にしっかり水洗い。飛び散ったコンパウンドを落とすのが結構大変。仕上げにワックスを掛けて出来上がり。ピカピカです。
あまりにピカピカになりすぎて、他の20年の歳月で風化してきた部分との差が気になるくらいです。
d0161702_08084371.jpg

トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/27316930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うー at 2019-01-03 08:52 x
明けましておめでとうございます。
今年も楽しみに読ませていただきます。
職場でもペンキを塗ったり建具の修理をすることがありますが、大きなプラモデルだと思えば同じ作業ですね。ただ私は模型で研き出しをしたことがありません。やれば職場の修理にも役立つか? 単に仕事が増えるだけか?
Commented by punto1150 at 2019-01-04 07:25
> うーさん
おめでとうございます。
研ぎ出し作業は、模型もバイクのタンクも基本的に同じです。が、大きさが違うんで手間も時間も段違いですね。
模型の場合、カーモデルはたいてい水研ぎやりますね。まさに今、BMW2002ターボの水研ぎをやってる最中です。面積が狭いから楽かと思いきや、どんな小さなアラも見逃せないので気を使う。
僕も正直言うと、水研ぎは好きじゃないのですよ……地道で面倒な作業なので。でも仕上がりに直結するので手を抜けないですね。
by punto1150 | 2019-01-02 08:10 | BMW R1150GS | Trackback | Comments(2)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150