初冬の鎌倉ウォーキング その2

鎌倉歴史文化交流館を出て、鎌倉駅方向へ降りていきます。
左右に瀟洒な住宅が並びます。鎌倉は土地高いですよー。50坪くらいしかなくても億いきますからね。
神奈川県の他の地域ではみられない、ガチのお嬢様とか歩いてますよ。白いふわふわのコートにピカピカの革靴、バイオリンケースを手に下げたようなお嬢様がね。
d0161702_09080332.jpg




こんな洋館もある。
d0161702_09081302.jpg
これは古い洋館を利用したフレンチレストランですね。古我邸です。鎌倉三大洋館の一つで、他の洋館は「鎌倉文学館」=前田家(加賀百万石です!)、「旧華頂宮邸」として一般公開されていますが、ここだけ公開されていませんでした。今はレストランとして利用されている。
初代の持ち主は三菱財閥の初期メンバーの一人、荘清次郎です。関東大震災を生き残った建物は、浜口雄幸、近衛文麿といった首相が住み、戦後は古我旧伯爵家のものとなり、今に至る。法人化されてますが、今でも古我家のものですね。歴史ある建物です。


閑静な住宅地だったのが、だんだん人が増えてきたぞ……
鎌倉の特徴って、住宅地の普通の民家がカフェを経営してたりするんです。その飲食店前に行列ができている。ここは葛きりのお店らしい。
d0161702_09082810.jpg


小町通りに出た。
すごい人!!
d0161702_09083833.jpg


それもそのはず、鎌倉市の人口は17万ですが、年間の観光客は2000万!!
200万じゃないですよ、2000万です。
30年くらい前はねえ、小町通りなんて誰も知らなかったんです。鎌倉駅を降りた観光客は、八幡宮の参道へ出て鶴岡八幡宮へ向かっていたんです。
それが今や、鎌倉随一の観光名所となった小町通り。飲食店、土産物屋が並ぶ。

たぶん、30年前に比べ、鎌倉の観光客は倍くらい増えてると思う。
今の観光客は分散せずに集まる傾向があり、体感的には3倍くらいです。
さぞ外国人が多いだろうと思いきや、意外にも日本人が大半ですね。

で、昼飯のお目当てだったカレー屋のキャラウェイ
開店前からこの行列。
いつ食えるかわかりゃせん。あきらめよう。
d0161702_09084628.jpg


空腹を抱えて、海岸へ向かいます。
そのうちどこかカフェにでも入ろう。鎌倉で食う店に困ることはない。
d0161702_09085869.jpg
狭い道が大渋滞起こしてるよ。
鎌倉は道が狭い。電柱が道にはみ出してきてる。これはずっと以前から変わりません。
そして駐車場もほとんどありません。道が狭いために、バイクなら置いておけるか?というとこれも難しい。駐車スペースのある店舗も少ない。
少し離れた場所に車バイクを置いて、江ノ電あたりで来るのがいいです。バスは渋滞するのでおすすめできない。




海岸線に出ました。
向こうに見えるのは稲村ヶ崎
おおにぎわいの小町通りに比べ、海岸は静か。
d0161702_09092162.jpg

鎌倉の自慢は海の景色。小町通りよりおすすめです。
d0161702_09093324.jpg


鎌倉ならではの、住宅地の中にぽつんとあるカフェ。
ちえのケーキという店に来ました。
d0161702_09094607.jpg


ケーキセット1000円。
ちょっと高い気がするけど、ケーキはすごく美味しい。店の名前がケーキ、とつくだけあって、手作りケーキが売りの店なんですね。洋菓子店のケーキとは違う手作り感。
とにかくケーキが美味いので、また来たい。くつろいだ時間を過ごせました。
d0161702_09095324.jpg


3時間歩いた。
目標タイムクリア、舗装路は足にきつい。楽して電車で帰ることにしました。
極楽寺の坂を登ります。ここ成就院からの見晴らしは、僕の好きな景色です。
d0161702_09100369.jpg


江ノ電にのって帰宅。
江ノ電もまたかなり混んでいましたが、まあこれはいつものこと。

もし鎌倉に観光に来たいな、という人がおられましたら、人混みは覚悟してほしいですね。江ノ電なんて、休日は乗車規制がかかって乗車待ち行列ってのが珍しくないのです。電車で来るなら横須賀線のほうが空いてるかなあ?


by punto1150 | 2018-12-29 09:11 | ウォーキング・散歩 | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150