八甲田山・大岳登山その2

八甲田山最高峰、大岳に登頂しました。
あいにく、視界は真っ白。
また例によって風が冷たく、寒い。休憩は10分ほど。

今日は反時計回りに歩いています。大岳から北へ下っていく。
d0161702_19050062.jpg


笹ヤブの登山道から、急に視界が開けた。
大湿原だ……!
d0161702_19054790.jpg


ここが毛無岱(けなしたい)です。
草紅葉の見事さ……
d0161702_19063287.jpg
d0161702_19064566.jpg


毛無岱、広大です。30分歩いてもまだ湿原が続く。
d0161702_19065414.jpg



急な木段の坂道にさしかかった。
これはすごい展望です!
毛無岱の西側半分が一望できる。
d0161702_19070496.jpg
d0161702_19072861.jpg


こんな景色の中を1時間も歩けます。
なるほど、登りのときは栗駒山の紅葉に比べると一段下がるな、とか思っていましたが、八甲田山の紅葉の魅力はこの草紅葉にあるのだ。
d0161702_19071346.jpg
d0161702_19074391.jpg



栗駒山、八甲田山、いずれ劣らぬ東北の紅葉の名所です。
槍ヶ岳登山を変更してここへきてよかった。
一生に一度は見ておきたい紅葉と言えるでしょう。
d0161702_19075417.jpg
d0161702_19080816.jpg


紅葉のトンネルを抜けると……
d0161702_19081678.jpg


酸ヶ湯温泉の建物が見えてきた。
朝はガラガラだった大駐車場はもう満車。平日だってのにすごい人気。
d0161702_19082661.jpg


4時間ちょうどで酸ヶ湯温泉まで戻ってきた。
さて、昨日に続いてまずは温泉。
酸ヶ湯温泉には名物千人風呂があります。
d0161702_19083421.jpg


酸ヶ湯温泉は10回くらい来ています。
千人はちょっと大げさかなーと思いますけど、かなり広い浴場です。湯船の真下に源泉があり、真っ白なお湯で目にしみる。
昨日の須川温泉ほど強烈なお湯じゃないので、多少長くつかっていても大丈夫。
でも、過去にここで湯あたりして脱衣場で動けなくなったことあるんですよ……
この温泉は強力なので油断できない。


トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/27183725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2018-10-25 19:09 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150