八甲田山・大岳登山その1

朝5時、大岳ふもとの酸ヶ湯温泉駐車場で目がさめた。
朝飯は昨日買った郭公だんごの残りです。
d0161702_19013096.jpg


外はかなり肌寒い。
ゆっくり準備体操してからあるきはじめました。目指すは八甲田山最高峰、大岳です。
道は昨日の栗駒山同様、冠水しています。あるきにくい。
d0161702_19014640.jpg


この道なんて、もはや冠水じゃなくて川になってます。
渓流ではなくて、ここは登山道なんですが。この日もまた、靴とすそがドロドロになってしまいました。
d0161702_19015039.jpg


今日はかなり雲が多く、視界が霞む。
神秘的です。
d0161702_19024440.jpg
d0161702_19030439.jpg


雲が一瞬取れて、大岳山頂が見えた。
が、あっという間にまた見えなくなる。
d0161702_19031423.jpg


ここもまた紅葉が素晴らしいですね。
が、常緑の針葉樹が高く、一面の紅葉とは言い難い。(と、この時は思っていたんですが、ハイライトはずっとあとでした)
d0161702_19033056.jpg


少し登ったら、急に平らになりました。仙人岱です。
高層湿原です。
d0161702_19034034.jpg



水の湧き出ている場所があった。底の砂からコンコンと水が湧いている。
ここで水を補充。夏場と違ってあまり水を飲まず、1.5Lの水があまり減りません。
持ってきたぬるい水を捨てて、ここの冷たい水に入れ替えました。
d0161702_19034844.jpg



仙人岱(せんにんたい)のタイって、高層湿原=山の上の平坦地をさす東北地方の言葉でしょうか。昨日の八幡平(はちまんたい)といい、字面はちがうがタイですしね。
草紅葉が見事です。
d0161702_19040192.jpg


大岳山頂は雲から出たり隠れたり。
これは頂上の展望は望み薄だな。
d0161702_19041056.jpg


仙人岱の池塘(ちとう)です。
池塘とは、高層湿原に点在する池のことで、雨水や雪解け水、湧き水が溜まったものです。
説明看板によれば、モリアオガエルやサンショウウオが生息するとか。こんなに寒いところなのに……
d0161702_19042119.jpg


昨日の栗駒山で散々に悩まされた笹ヤブ。
この状況を見て、またか?また濡れてしまうのか?とビビりましたが。
さいわいにして、たいしたヤブはなかった。
d0161702_19043021.jpg


大岳山頂へ登る最後の坂。
背の高い植物が消え、火山の風貌を見せ始めた。
d0161702_19043892.jpg



7時20分、大岳山頂へ登頂!!
d0161702_19044795.jpg
八甲田山最高峰、標高は1584mなり。意外に高くありませんが、東北は冬厳しく、積雪量が多いのですごく高い山の雰囲気だ。晴れていれば青森湾や十和田湖、岩木山の展望があるはずですが、視界は真っ白です。
続きます。


トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/27178465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2018-10-22 19:06 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150