栗駒山登山 その4

温泉の川を渡る橋。
流れに手をひたしてみると、ちょっとぬるいながらも温泉です。足湯にいいかも……
d0161702_19012158.jpg


真っ赤&真っ黄の景色の中を下っていく。
須川温泉が近づくにつれ、ちょっと寂しい気持ちも湧いてきた。こんな絶景、もっとながめていたいという気持ちです。
d0161702_19013038.jpg

d0161702_19015653.jpg
d0161702_19014587.jpg



登りで通った湿原に戻ってきた。
朝通ったときよりも明るくなり、より一層紅葉が鮮やかです。
d0161702_19021468.jpg



帰りはちょっとルートを変えて、剣岳の崖下を通るルートを選んだ。
d0161702_19022605.jpg


ここもまた、絶景の連続です。
d0161702_19023847.jpg




須川温泉の建物が見えてきました。
名残惜しいが、この登山ももうすぐ終わりです。
d0161702_19031011.jpg


もうもうと蒸気の上がる須川温泉。
ここまでコースタイム4時間20分。
d0161702_19024976.jpg


中央の岩の左に竹垣が見えますが、その奥が露天風呂です。露天風呂に入ると、この竹垣から顔をだすことができました。岩の向こうで温泉がゴーっと噴き出してる。
d0161702_19032847.jpg

当然、ここまで来たら温泉でしょ!!
須川温泉は、日帰り入浴なら屋外の露天風呂に入れます。

なんせ目の前で温泉が噴き出してますからねえ。
源泉かけ流しもかけ流し、湯船の目の前の岩の隙間から吹き出す大量のお湯の、そのごく一部を竹筒で湯船に導き、それに入るんです。ほとんどのお湯は下流へ流れていってしまう。
青白いお湯、つかると自分の膝が見えないほど真っ白です。
強烈なお湯で、目に入ると猛烈に痛い!!

お湯の成分が猛烈に強くって、ほんの15分で湯あたり気味。
いやーのぼせやすい体質ってどうしようもないな。これだけいい温泉に来てるのに、15分で気持ち悪くなってしまうとはねえ。


トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/27171698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2018-10-18 19:04 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150