栗駒山登山 その3

紅葉真っ盛りの栗駒山山頂に登頂。
しかし笹についた雨水でズボンがぐっしょり。寒い。

とてもじっとしておられず、10分ほどで下山開始しました。
登りと反対側へ降りていく。
風が強く、雲が流れてくのが壮観です。
d0161702_08282149.jpg


ふもとの森はまだ紅葉していないですね。
10月上旬、中部地方では2000m級、東北では1500m級の高山でのみ、紅葉が見られるのです。
d0161702_08283480.jpg


須川温泉と山頂を最短で結ぶこのコース、登山者が多い。
平日にもかかわらず、続々と登ってくる登山者とすれ違う。でっかいレンズの一眼レフ抱えた人が多いこと。

これが日本一の紅葉、栗駒山です。
いやー来てよかった。槍ヶ岳は登れなかったけど、栗駒山に来て正解だった。
d0161702_08284357.jpg
d0161702_08285842.jpg

d0161702_08292480.jpg
d0161702_08293845.jpg
d0161702_08295925.jpg



景色が開けてきた。
こちらにも高層湿原があるのだ。
d0161702_08301118.jpg


真っ白な池と出会いました。ものすごい硫黄臭!!
看板を見ると、昭和湖というらしい。
火山性の有毒ガス、硫化水素が発生しており、立ち止まったり休憩してはならないと書いてある。
d0161702_08302087.jpg
この昭和湖は、1944年に小規模な噴火があり、その火口に水が溜まったものだと看板に書いてありました。昭和19年…最近じゃないですか……栗駒山は生きている火山なのだ。
そういえば2008年にこの近辺を震源とする大きな地震があり、栗駒山のあちこちで斜面が崩壊し、温泉地が大ダメージを受けたというニュースを記憶しています。僕が車を止めてある須川温泉も営業できなくなったはずです。
それから10年、もうどこにもダメージは見られない。




さらに先に行くと、水蒸気の上がる沢があった。
お湯が流れている……温泉の川です。
d0161702_08303702.jpg

ここまで下ってきて振り返ると、山頂がクリアに見えてます。
荒々しい火山の風景です。
d0161702_08304866.jpg

続きます。


トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/27159209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2018-10-13 08:31 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150