富士山トレーニング登山 その2

本六合目の小屋に到着。ここで標高2600mくらい、11時半過ぎた。
家で作ってきたおにぎりを食べることにしました。
座って昼飯を食っていると、途中で追い越した親子連れが追いついてきた。多分6~7歳くらいの男の子が一緒だったけど、よくここまできたなあ。
d0161702_17233719.jpg

あちこちの山で見かける子供連れの登山者、考えは人それぞれですが。
僕は子連れ登山は無理です。
山は怖いところです。子供連れできて、親が万が一動けなくなったら子供も道連れになる。いくらでも例があります。




本来はもう少し先、標高3000mを目指すつもりで登ってきたんですが、すこし前から左のかかとがピリピリする。
靴擦れができてしまったようです。
靴を脱いで点検すると、かかとの上に1円玉大の水ぶくれができていた。

うーん、困ったことに、今日に限って水ぶくれ治療用の針と糸を持ってきていないのですよ。
登山を再開して4年目になりますが、かかとに靴擦れができたのははじめてです。別に新しい靴じゃないんだけどな。靴下の履き方がまずかったのかな?原因不明です。とりあえず絆創膏をはって応急処置。

ちょっと物足りない気がしますが、ここで下山することにしました。トレーニングですし、痛みをこらえて登ろうとは思わない。
ようやく、頂上がクリアになった。
d0161702_17234911.jpg


帰り道は砂走と呼ばれる一直線の砂地を降りていきます。
非常に平均速度が早い。
d0161702_17240635.jpg


くるぶしまで埋まる、フカフカの砂です。
歩きやすくはないけれど、ショックを吸収してくれるので膝に優しいですね。
朝から聞こえていた大口径機関砲の発射音が変わり、今度は小口径で発射速度の速い音になった。「ダラララララララ…」という音は多分7.62mmかな?
d0161702_17242134.jpg


一昨年にここに登ってきたときは、登山靴を自宅玄関に忘れるという失態を犯し、くるぶしの出たトレランシューズでした。
そのためにスパッツを装着していても靴の中にガンガン砂が入ってきて、15分おきに靴を脱いで砂を出す、ということをやっていた。
今年はハイカットの登山靴にスパッツなので、全く砂が入ってこないですね。歩きやすいです。
d0161702_17242929.jpg


砂走りをすぎてブルドーザー道に入ります。
ここまでくればもうすぐです。
d0161702_17244011.jpg



12時半、五合目の駐車場まで戻ってきました。
歩行時間は3時間ちょうど。まずまずいいトレーニングになったかな?若干物足りないが、しょうがない。
帰り道は道の駅すばしりでアイスを食ってから帰宅しました。平地の気温は32度!!暑いですねえ。

帰宅して気がついたんですが、なんと顔と両腕がまっかっかに日焼けしてる!!
曇り空だから大丈夫とたかをくくっていたら、高地の強烈な紫外線にやられてしまった。
その晩は日焼けの痛みとだるさに苦しみましたよ……



トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/26997618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2018-07-21 17:26 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150