富士山トレーニング登山 その1

7月初頭、毎年恒例になりつつある山開き直前の富士山トレーニング。今年も行ってまいりました。

梅雨が開け、一気に気温が上昇。

すると湘南海岸は混雑が始まります。湘南の混雑は気温に正比例するんです。この現象は僕が子供の頃から変わっていません。

西湘バイパスも混雑し、速度が遅い。




箱根を越えます。

目指す富士山は、雲の中に入ったり出てきたり。

もうすっかり雪が消えています。


道の駅すばしりで休憩したあと、須走口へ登り始めます。

どうやら雪の季節に道路が損壊したらしく、復旧工事の真っ最中。ダートロードになっています。





須走口五合目に到着。

山頂は雲に隠れて見えません。

曇っていると景色は見えませんが、日差しが当たらないから涼しいはずです。

五合目の気温は18度。申し分ない涼しさです。





この日の2週間後には一般車両は通行止めになります。

そうなったらマイカーではここへ来られないので、今がラストチャンス。

9時半、歩きはじめます。

一昨年にもここを歩きましたが、けっこう忘れている。

こんなに長く樹林帯の中を歩いたっけ?




時々雲が切れて、下界が見える。

気がついたんですが、下界から「ドドド、ドドド」と爆音が聞こえる。

これは演習場からだな。大口径機関砲の音だ。30mmくらいの機関砲でしょう。

ってことは89式装甲戦闘車の35mm砲かな?




歩きはじめて1時間、ようやく背の高い木がなくなってきました。

足元はザラザラした火山灰です。




11時、六合目の山小屋に到着。

営業しておらず、人の気配がない。山開きは二週間後です。




樹林帯がすぐ消えるという記憶は間違いで、1時間過ぎてもまだ樹木の下を歩いてます。日陰になるからいい。

気温は18度くらいしかないのですが、もう長袖シャツじゃ暑くてたまらず、半袖一枚になってしまいました。




雲が流れ、目標にしている本六合目の小屋が見えました。




頂上ははるか先。

ここらでようやく完全に樹木が消えた。標高は2500m以上になったでしょう。

d0161702_19101170.jpg
続きます。





トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/26994048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2018-07-19 19:11 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150