BMW320dの謎 ~トランクが勝手に開く事件~

320dに乗り換えて半年経ちます。
その間、北は青森県龍飛崎から南は九州阿蘇まで、5000kmほど走り回った。
車中泊も10泊を超えた。

で、九州由布岳の麓の駐車場で、この車が謎の挙動を示したことがあったんです。


車中泊ですと、後部座席の背もたれを倒し、トランクルームへ足を伸ばして寝転がります。
このときなぜか、勝手にトランクが開いてしまう、ということが連続したんです。

一回目は真っ暗な中でトランクが開いた事に気が付かず、しばらく寝たままだった。
しかし当然のことながら、車内が寒くなってきたんで目が覚めた。
なんで寒いんだろう?なんでだろう?って思いつつ身をよじっていたんですが、足を上へぐっと伸ばしたら、そこにあるはずのトランクの蓋がない。足が上へ伸び切ったんですよ。


びっくりしましたねえ、だれかが外からトランク開けたのかと思いましたよ。




とりあえず内側からトランクを閉めた。

しかし、すぐにまたパカっとトランクが開いてしまったんです。
また閉めても、すぐに開いてしまう。




すっかり目が覚めてしまい、原因を考え始めた。
これはもしかして、コンフォートアクセスが作動してるのと違うかな?
キーを持って車の後方に立ち、車の下に足を入れるとトランクが開くというシステムです。

ってことは、車の後方下になにかあるのかな?

起き上がって靴を履き、車外に出て確認したんですが、車の下には草が生えてるくらいでなにもないし、何もいない。




原因がわからず、考え込んでしまった。
前日も車中泊してますが、こんなことは起きていない。

もしかしてキーをズボンのポケットに入れたまま、トランクルームに入っているのが悪いのかもしれないと思い当たった。今まではポケットではなく、センターコンソールやシートにキーを置いて寝ていたと思う。

キーを取り出して前席のシートへ置き、トランクに戻ってみると今度は大丈夫だ。
トランクは勝手に開いたりしない。

d0161702_09393267.jpg
一応、事態の収集はついたわけですが、原因がイマイチわからない。
で、後日に再現実験してみたんです。

まず、ドアロックしない状態でキーをトランク内に入れ、トランクを閉めてみた。
d0161702_09394464.jpg



何も起きない。

この状態では、ドアノブに触れてロックする、コンフォートアクセスも動作しません。


つづいて僕の遭遇した状況を再現。
先にトランクを開放したままドアロック。
トランク内にキーを置いて閉めてみます。

閉まらない!!
すぐにパカっとトランクが開きます。

なるほど、僕が遭遇した勝手にトランク開く事件は、この機能によるものだったのだ。
要するに、ドアロック状態でキーをうっかりトランクに入れてしまい、そのままトランクを閉めてキーとじ込みが起きてしまうのを防ぐ機能があるのだ。

最近の車はいろいろな機能がありますが、こんなこともあるんですなあ。
説明書を隅から隅まで読んだってなかなか汲み取れない、こういう裏ワザ、面白いです。



トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/26970183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kachi at 2018-07-07 22:42 x
なあるほど~
よく考えられていますね。
拙宅のゴルフも、エンジン止めたあとにワイパースイッチを右下に押すとワイパーが右いっぱいに動いて止まり、ワイパーを浮かせることができます。洗車時に使えます。
それと、ドアが閉まった状態でキーのロック解除ボタンを押しっぱなしにするとすべての窓が開いて暑い日に重宝します。
これらはディーラーで納車時に教えてもらったのですが、マニュアルなんか読まないから、知らなかったら手放すまで使うことはなかったでしょうねぇ。

Kachi//
Commented by punto1150 at 2018-07-08 10:24
Kachiさん
最近の車は、人間のミスを先回りして防ぐような仕掛けがいろいろあって、便利だと思いますが……やっぱり知らないでいるとびっくりします。

僕の弟もこの車を運転する機会がありましたが、何回説明しても理解できない部分があり、そうとう戸惑ってましたねえ。ましてや女性はなおさら……未だに全く理解できていないところがありますが、まあしょうがないでしょう。
by punto1150 | 2018-07-07 09:43 | クルマ | Trackback | Comments(2)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150