リトルカブでショートツーリング~寒川神社へ~

リトルカブは快調です。
ボアアップ以降、2000kmほど走行しました。
なんせ、エンジンのかかりがいい。
キックスタートのバイクでエンジン始動性が悪いと最悪ですからねえ。

さて、梅雨の合間の晴れた日、リトルカブでちょこっとおでかけ。
行き先は、寒川神社です。

特に目的があるわけじゃありませんが、相模の国一の宮、寒川神社に年一回くらいはお参りしておこうと思い立った。

ここが参道入り口。
電車で参拝する場合、ここを通ることはありません。寒川駅からだと遠回りになる。ですが正式な参拝ルートの入り口なんです。
d0161702_07371956.jpg


長い参道を走っていって、寒川神社の駐車場にカブを停める。
森に覆われ、とても涼しい境内です。
d0161702_07373396.jpg


寒川神社はかつては寒川大社と呼ばれていました。
相模の国唯一の「大社」だったんですが、明治になってただの神社に格下げされてしまった。
d0161702_07375906.jpg
祭神は、寒川比古命(さむかわひこのみこと)と寒川比女命(さむかわひめのみこと)のカップル?で祀られている、珍しい神社です。
どちらの神も古事記、日本書紀にのっておらず、由来などの詳細は全く不明。
おそらく相模の国のローカルな神様で、もともとは在地の豪族かなにかだったのでしょう。「さむかわ」の字もたぶん当て字で、「佐無加波」の字を当てる場合もあり、もともとの意味は不明です。

神社自体もいつから建っているのか不明で、遅くても7世紀の奈良時代からここにあった。もしかすると古墳時代にルーツがあるのかもしれない。
今じゃ鎌倉の鶴岡八幡宮のほうがでっかくて有名ですけど、なんせここは相模の国一の宮ってくらい、かつては相模最大の神社だった。
なので鎌倉幕府や小田原北条氏の尊崇をうけ、栄えてきました。



本殿に参拝し、今年一年の健康と無事故無違反を祈念しました。
d0161702_07381371.jpg
非常に立派な建物が立っていますが、これは実は昭和の建物。
関東大震災で神社は大損害を受け、古い建物は皆無です。


神奈川県全般、古い建物が少ない。関西や中国地方などに比べて圧倒的に少ない。
その理由は関東大震災なんです。
震源地は相模湾ですからねえ…… 地震の直撃を受けたんですよ。たとえば小田原市内では、95パーセントもの建物が倒壊した。




行列がある……と思ったら、御朱印の受付です。
最近御朱印を集めるのが流行ってると聞きましたが、本当なんだ。
d0161702_07593343.jpg


境内では寒川神社名物の八福餅が売っていました。
季節限定、なんと今日までという抹茶味があったので2個入をゲット、ベンチに腰掛けて食べた。
抹茶の風味がとても美味しい。激甘ですがw
d0161702_07594408.jpg





じつはまだ昼飯を食ってなかった。
近くの大正製麺所にやってきました。

ここはラーメン屋なんですが、もうひとつ、焼きめんが美味しいらしいと聞き、注文しました。
d0161702_07595454.jpg
すごいメガ盛り!
ですが半分以上はキャベツの千切りですので、大丈夫。
かなりこってりとした濃い味だ。焼きそばとはちがいます。ラーメンの麺に、味噌風味のあまからタレを絡めてある。
美味いけど、大盛りにしなきゃよかったなあ。もう若くないのだ。
先に団子食っちゃったしねえw


トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/26902713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2018-06-16 08:02 | ツーリング・旅行 | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150