檜洞丸登山 その2

これまでずっとブナ林の中を歩いてきましたが、標高が上がると景色が開けてきた。
d0161702_20182574.jpg
d0161702_20234426.jpg



富士山だ!
富士山もまた、登山の疲れを癒やしてくれる景色です。
5月のこの時期、雪のつもり方が一番バランスが良い。美しい富士です。
d0161702_20184332.jpg
d0161702_20191579.jpg

このツツジ新道はとても整備されていて、真新しい木道と階段がしつらえてあります。
登山道の侵食と崩落が進み、やむを得ず設置してあるものですが……
これを据えるご苦労は別として、木道と階段ってけっこう足に来るんですわ……
土の道と違って、衝撃を吸収してくれないですからねえ。
d0161702_20190115.jpg


アップルウォッチが心拍数160を教えてくれた。
富士山を眺めながら、小休止。
d0161702_20193489.jpg


こっちには愛鷹山が見える。
向かって右のピークが越前岳、左が愛鷹山です。
越前岳には一昨年登ったなあ。
d0161702_20194825.jpg


登り始めて3時間40分、檜洞丸山頂に登頂!!
標高1601mなり。
けっこうくたびれたな。
d0161702_20195725.jpg

朝4時半出発なのに、山頂にはすでに10人くらいの人がいる。
みんな早いなあ。
ここでこしかけてバナナやパン、羊羹など食べて20分ほど休みました。





さて、来た道を戻ります。
d0161702_20201100.jpg


帰り道、続々と登山者が登ってくる。
道をゆずるのもけっこうな頻度になり、そのたびに立ち止まる。ペースが上がりませんが、そのたびに上を見上げてツツジの花を楽しみます。
d0161702_20202133.jpg


山に登るたびに思うんですが、登ってる最中って「急坂だなあ」とはあまり思わない。登ってて急だと思うような坂は、よっぽどの坂です。
が、下り始めると思うんですよ。
こんな急坂登ってきたのか!って。
d0161702_20203088.jpg



2時間弱でゴーラ沢出会に戻ってきた。
ハイキングの人はここが目的地の人たちも多く、弁当を広げたりガスコンロで煮炊きしたりしています。たしかにここで食う飯はうまそうだ。川原の石は花崗岩、真っ白でとてもきれいです。
d0161702_20204104.jpg


ここからはあまり上り下りもなく、等高線に沿った道を歩く。
歩きやすいですね。
d0161702_20211653.jpg


ここで県道に合流。
ここから駐車場まで5分ほどです。
d0161702_20212419.jpg
往復6時間30分。消費カロリー3500kcal。
けっこう足に来てる。翌日は筋肉痛だなこれは。

調べたら、標高差が1067mもあるんだ。
1000m以上上り下りしたらそりゃ足に来るわ。





帰り道、道の駅山北に立ち寄った。
すると、同じ型のオープンカーが10台以上、ズラッと並ぶ。
これは……ダットサン・フェアレディだ!!
d0161702_20214624.jpg
フェアレディ2000と1600です。僕とほぼ同い年の車たちだ。
カッコイイ……今から見ればすごく小さくて軽自動車みたいですが、これでも2Lエンジンなんですね。
バババババ、と4気筒とは思えない荒々しい音で走り去っていきました。
オーナーズミーティングなんでしょうね。希少な車だ。



ちょうどお昼時、腹減ったので南足柄の大幸へ。
d0161702_20215502.jpg
いつもの上しなちくラーメンを食っていきました。
山登りの後のしょっぱいラーメンは実に美味いですねえ。


トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/26873688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2018-06-05 20:25 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150