BMW 320d のエンジンオイル交換

昨年12月に購入した時点では、320dの走行距離は 14000km弱でした。
それから5ヶ月、九州から帰ってきた時点で20500kmとなった。
6000km走行した。オイル交換してやろう。

タイヤまわりをのぞけば、この車初のDIYメンテナンスです。
少々緊張したとはいえ、ベントレー社のマニュアルがあるので大丈夫だ。

まず車を持ち上げる。
BMWは独特の樹脂製マウントが4ヶ所にあって、そこがジャッキアップポイントになっています。
これがけっこう、難物なんですよ、118iに乗っていたときにもこのマウントが邪魔くさかった。
直接ジャッキを当てると、樹脂製なので潰れるか割れちゃう。なにか、アダプター的なものを噛ませて持ち上げるんだと思う。
d0161702_07454108.jpg
で、専用アダプターなんて持ってないので、木材を切ってアダプターとしました。
これで十分です。



エンジンフードを開けて、エンジンカバーを外します。
VWゴルフと違い、ただのカバーなので軽く上に持ち上げるだけで外せた。
矢印のところにあるのがスティック型のオイルレベルゲージ。
丸で囲ったところにオイルフィルター。
非常に整備性がいい。
d0161702_07455489.jpg
これは訳がありまして、前のタイプの3シリーズと1シリーズ、ここらへんの整備性が良くなかったんですよ。
とくに、旧型にはスティック型のオイルレベルゲージが無く、これが非常に評判悪かった。だって、オイル量を確認する方法がエンジンをかけて車内のメーターパネルで見るしかなかったのです。(現行3シリーズもこの方法でレベルをチェックできます)
かつてはオイルを注ぎながら、ちょいちょい量を確認する、って方法が使えなかった。
この普通のレベルゲージ復活はとてもありがたいですな。何事も普通が一番です。

オイルフィルターの配置も上部にあり、オイル周りの整備性はゴルフよりもずっといいですね。




車体の下側は、ほとんどくまなく樹脂製アンダーカバーで覆われています。エンジンもトランスミッションも全く見えない。
オイルドレンボルトは四角い穴がアンダーカバーにあいていて、その点検口カバーを開けると顔を出す。マイナスドライバーでひっかかりを回し、こじるようにして開きます。
d0161702_07460712.jpg


オイルパンはアルミ製。
比較的小さなドレンボルトです。サイズは17mm。
d0161702_07462537.jpg



オイルフィルターは27mmのソケットではずす。
フィルターハウジングの上に二本のワイヤーハーネスがあり、じゃまなのでずらします。
d0161702_07463514.jpg


外れてきたオイルフィルターです。
真っ黒。ガソリンエンジン車ではまず見ないほどの真っ黒です。
d0161702_07464654.jpg


下へ抜けてくるエンジンオイルも墨のように真っ黒。
たしかに、ガソリンエンジン車とはオイルの汚れ方が違う。
ディーゼルエンジンはススの発生量が段違いに多く、それがオイルに混じってくるのでここまで黒くなるのです。しかも、ドロっと粘っこい。

この激しいオイル汚れはディーゼルエンジンの宿命なので、これが気になる人はびっくりするでしょうねえ。まあ、私もびっくりしましたが。
でも、こういうもんだ、という割り切りが必要。

むしろ、ここまでオイルが汚れても、ディーゼルエンジンはガソリンエンジンよりも耐久性が高く、寿命が長いと言われています。
真っ黒オイルは気分的には良くないですが。


ボッシュ製のオイルフィルターを用意しました。
フィルターハウジングのOリングと、オイルドレンボルトのワッシャも同梱されています。
d0161702_07471380.jpg




オイルが抜けきるのをしばらく待っていたら、びっくり。
オイルが廃油箱からあふれてる!
d0161702_07470180.jpg
この廃油処理箱は4.5L容量なんですが、実際は5Lくらいは入るんですよ。でも、廃油が5Lを上回った。
このこぼれたオイルの拭き取りにえらい手間がかかりましたよ。
キッチンペーパーロール半分くらい使ってしまった。




オイルフィルターエレメントはちょっと独特の形状をしており、差し込みには注意が必要です。
フィルターの出っ張りをベース側の穴に合わせなくてはならない。
ハウジングの締め付けトルクは25Nm。
オイルドレンボルトも25Nmです。かなり軽めのトルクです。
オイルパンがアルミなので、締めすぎは厳禁。
d0161702_07473418.jpg




5w-40のいつもの合成油を注ぎます。
4L まではザーッと入れてしまい、あとはレベルゲージを抜き差ししながら様子を見つつ。

このディーゼルエンジンのオイル全容量は5.2Lなんですが(ガソリンエンジン車とは容量が違う)、何L抜けたかわからないので様子を見ながら入れていく。
入れすぎ厳禁ですので、慎重に。




一回エンジンをかけます。
2,3分エンジンを回し、止めてからオイルレベルを再チェック。
たいてい減ってますので、オイルを規定量まで補充して出来上がりです。





で、その直後にホームセンターまで買い物に行ったんですがね、エンジンの回り方がえらい軽くってびっくりですわ。
ガソリンエンジン車でもオイル交換直後は軽いな、と感じるものなんですが、ディーゼルエンジンはまるっきりレスポンスが変わるんで驚きます。あまりにもドン、と加速するもので、ビビりました。

僕はディーゼルエンジンなら1万キロごとのオイル交換でいいだろうと思っていたんですけど、今回のこのオイルの汚れっぷり、交換後のエンジンの軽さ、両方考えてみると、やっぱり5000kmごと交換で行こうかなと気が変わってきました。



5月28日追記
本文中にかき忘れましたが、僕の車は納車時に正規ディーラーで整備を受けています。
その時、「オイルサービス」を受けた、という記録があり、車体のメモリーにもその記載が残っています。ディスプレイの設定画面から確認しています。

このオイルサービスというのがなにか不明でして、オイルレベルのチェックを受けたことなのか、オイルの補充をされたのか、はたまたオイル交換をしたのか? わからんのですよ。

メーカー指定の交換サイクルが4万8千kmもあるので、それに従っていたとしたらオイル交換はされていないはず。
だから、今回のオイル交換作業は、オドメーターの指すとおり2万キロでやったことになるのか、納車時から数えて6000kmでやったことになるのか不明なんです。

排出されたオイルは墨のように真っ黒で、粘性もかなり上がっていました。
なんとなくですが、納車時にオイルは交換されていないのじゃないか?と推定しています。
だから交換後にエンジンレスポンスがドンと向上したのかなあ?

トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/26828472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tkmG7 at 2018-05-27 22:12 x
余計なお世話で大変恐縮なのですが、、

クリーンディーゼル車において普通の化学合成油で問題ないのでしょうか?
以前DPFの関係でクリーンディーゼル対応のオイルの方が良いと言う情報を見たような、、
間違っていたらすいません。
Commented by punto1150 at 2018-05-28 07:50
tkmG7さん
その点は僕も気がかりでした。ディーゼル専用オイルが市販されており、ガソリンエンジン用とディーゼルエンジン用のオイルは違うものじゃないか、とずっと思っていました。
ススの量が段違いに多くて、そのための添加剤が必要なのじゃないかと。

ところが、ベントレー社のサービスマニュアルを読んでみると、ガソリン車とディーゼル車の指定オイルが同じなんですよ。
粘度指定も同じでした。BMW純正オイルが指定されていますが、互換性のある市販オイルも掲載されていて、通常のオイルで問題ないと読めた。
なのでガソリン車と同じオイルを使いました。

とはいえ、ちょっと不安感はありますねえ……なんせでてきたオイルが真っ黒でね。次のオイル交換時に判断しようと思います。
Commented by 農業通信員 at 2018-05-28 12:56 x
マツダはまったく差別なしですね。もっとも、この頃のオイルは昔と違って、シャバシャバですから、あまり関係無いのではないでしょうか。
Commented by punto1150 at 2018-05-28 18:57
農業通信員さん
なるほど、マツダもディーゼルありましたね。サービスマニュアルを見直したら、粘度指定は5w-30でした。僕が入れたオイルは5w-40ですから、ちょっと硬いオイルを入れたわけです。
気になりだすと気になるので、次はクリーンディーゼル対応オイルにしようかな。粘度も5w-30に変更しようかと思い始めました。バイクと別々のオイルを使うのはちょっとめんどくさいんですけどねえ。
Commented by tkmG7 at 2018-05-28 19:50 x
ベントレーのマニュアルでは指定ないというのは興味深いですね笑
VWの504規格オイルもなかなかクセあるオイルらしいのですが、、、

クリーンディーゼル対応オイルはオイルの中の灰分の量が肝みたいですね。
横槍してしまいすいませんでした。
Commented by punto1150 at 2018-05-28 20:53
tkmG7さん
誤解を招く書き方をしてしまいました。
ベントレーのマニュアルでは、オイルの指定はあります。
和訳すると、高性能オイル 化学合成油 SAE5W-30 ACEA:C3
純正オイル名称は BMW ロングライフ -01または04

となっています。

オイル全容量は、N20、N26エンジン(ガソリン)でAWDが4.8L、2WDが5.0L。
ディーゼルのN47エンジン(僕の車)で5.2L、N55エンジンで6.5L。

指定のオイル交換サイクルは非常に長く、3万マイル=48280km ごととなっています。
僕は当初1万kmごと交換、と思っていましたが、方針変更して5000kmごとにオイル交換することにしました。
なので、ロングライフオイルを使用していません。

ご参考までに。
by punto1150 | 2018-05-27 07:51 | クルマ | Trackback | Comments(6)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150