中国・九州ドライブツーリング 四日目 その3

いつの間にか5月下旬、ちょっと長期連載すぎました。
ペース上げていきましょう。

富貴寺(ふきでら)に来ました。
すごくこじんまりした寺なのですが、実は日本三大~に入る寺。

実はここ、日本三大阿弥陀堂のひとつなんです。

平泉の中尊寺金色堂、宇治平等院、そしてここ富貴寺の大堂。
なんとこのお堂、平安時代の建物なのです。
d0161702_18572522.jpg

他の二ヶ所に比べるとえらく地味で小さいのですが、それはこの寺が巻き込まれてきた歴史に原因があります。
このお堂は、平安時代におおはやりした阿弥陀信仰に基づいて、718年に宇佐神宮が建造したもの。神社が建てたお寺です。神仏習合です。
d0161702_18573770.jpg


中を見せてもらったのですけど、柱や壁、鴨居など、びっしりと絵が描かれていた「痕跡」が残っています。建造当時は極彩色の極楽浄土の絵が描かれ、大変にド派手なお堂だったんです。
お堂の中は撮影禁止でしたので、拾い物の画像をのせます。
d0161702_18574700.jpg


こちらは大分県立博物館にある、復元模型。
超ド派手です。
といっても阿弥陀如来像が単独でぽつんとお堂に座ってることはまずないので、おそらく建造時は多くの仏像が周りを囲んでいたんでしょう。
往時は数多くの建物が並ぶ、豪華絢爛なお寺でした。
d0161702_18580695.jpg


ところが親会社たる宇佐神宮、源平合戦のときに平家方についてしまったんですな。
平家の滅亡とともに宇佐神宮は焼き討ちをくらい、その後も勢力を取り戻すことはなかった。
宇佐神宮の管理下を離れ、ただ単なる田染の村の寺になりさがった富貴寺、大堂の壁は失われ、ド派手な絵は風雨にさらされ、仏像のおおくは散逸した。
大戦のときはすぐわきに爆弾が落下し、屋根が一部吹っ飛んだ。修理する金も人もなく、屋根にはむしろがかけられていたという。
お堂には乞食が住み着いて煮炊きする有様だったそうな。(室内の一部に焦げてすすが付いています)

九州地方ではほとんど唯一残る平安時代の建築なのに、荒れ果ててしまったんですね。

戦後になってようやく、このお堂の価値が発見されて国宝に指定され、本格的な解体修理が行われ、なくなっていた壁も取り付けられた。瓦もきれいにふき直された。
d0161702_18583729.jpg
この日は特別拝観が行われていて、阿弥陀如来像の裏側に回ってみることができました。
そこには白山権現の石像が置かれていましたが、白山権現は十一面観音とイコールとされ、白山山岳信仰=神道 十一面観音=仏教 が混ざった神仏習合の神様です。
かつては明治の廃仏毀釈からのがれるために隠されていたんだそうな。





次にやってきたのはその、宇佐神宮です。
全国にくまなくある八幡宮の総本社。
d0161702_18584619.jpg


知名度から言ったら鎌倉の鶴岡八幡宮、京都の石清水八幡宮のほうが有名ですが、ここが本場。
八幡さまは、神道では八幡大神、仏教では八幡大菩薩と呼ばれる神仏習合の神様ですが、どうも由来がはっきりしない。6世紀になってここ宇佐にひょっこり現れた神様です。なんか怪しい神様ですねえw

源義家、義朝、頼朝ら源氏の信仰を集めたために一気に全国区になりましたが、もともとは豊後ローカルの神様だったんです。たぶん、豊後の在地豪族の祖先か何かだったのでは?
d0161702_18585334.jpg

奈良時代の宇佐八幡宮神託事件というのがあり、朝廷の守護神として京に石清水八幡宮が作られ、源氏平氏双方からの信仰を集めました。
特に源氏中興の祖、八幡太郎義家があつく信仰し、鎌倉の鶴岡八幡宮が発展しました。

が! 源平合戦で平家に味方し、平家をかくまったために宇佐八幡は焼き討ちにあった。
戦国時代には大友氏と大内氏の板挟みとなり、大内に味方したために今度は大友宗麟に焼き討ちされる。なんでいつも負け組に入るかねえ。

それ以降、かつての勢力を取り戻すことなく……
ほそぼそと江戸時代を乗り切って今に至る。





さて、お昼を過ぎて腹が減った。
せっかく九州にいるんだから、ラーメン食べよう。

さいわい、宇佐には美味しいと評判の一輝亭があります。
そこへ行こう。

で、店についてびっくりですよ。
お昼遅い時間、平日なのに……満席で外に行列。
なんとなんと、この日近くで学生相撲の全国大会があり、相撲部の大学生軍団が押しかけていたんです!!

なんと相撲部のやつら、一人で3杯も5杯も大盛りラーメン食うんですよ!!!

店内は巨漢ですし詰め、一人で5杯ラーメン食って、こんな漫画みたいな事態、はじめてですわ。

でも、長く待って食べられたラーメンは評判にたがわぬ旨さでした。
クリーミーというか、独特のコクがあるスープは素晴らしかったなあ。
d0161702_18591737.jpg


ラーメン食べた後、近くにある大分県立博物館へ行ったんですがね、なんと閉館日。
博物館の駐車場でしばし呆然としたあと、どうするか考えた。
九州での目標はとりあえずコンプした。
今日の午後は移動に当てることにしよう。




近くの温泉にはいってさっぱりしたあと、ひたすら走ります。
15時半には関門トンネルを通過、山口県内をひた走った。
防府にある毛利氏庭園とか、立ち寄りたかったんですがねえ、もう日が暮れてしまった。
d0161702_18593460.jpg


ここで問題が。
車中泊場所としての道の駅、山口県から広島市の区間にほとんどないんですよ。
なのでしかたなく、内陸部へ入っていきました。
この日の宿泊は道の駅スパ羅漢です。
走行距離419キロ、燃費 21.7km/lでした。


トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/26810214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2018-05-21 19:04 | ツーリング・旅行 | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150