幕山公園へ梅を見に その1

すっかり暖かくなりました。行楽シーズンの始まりです。
しかし……スギ花粉症のみなさんにとっては憂鬱な季節の始まりでもあります。

僕はというと、この数年、徐々にスギ花粉症の症状は軽くなりつつあるんですが、やっぱり花粉症は花粉症。家から出たくない。

しかし、花粉症のない家族からはどっか連れてけ圧力……やむをえず選んだ行き先が湯河原の幕山公園。
梅の名所です。
公園の裏手には幕山という山がそびえていますので、そこへ登ろう。ハイキングです。

僕が「電車で遊びに行く」ってことはめったとないことなんですが、なんせ大渋滞、大混雑が予想できる。幕山公園には大した駐車場は用意されていませんし、この時期熱海や伊豆で河津桜、梅が満開です。一年を通してこの時期が一番混む。
JR東海道線に乗って1時間、湯河原駅からさらに臨時バスに乗って幕山公園へ。

予想通り、幕山公園では駐車場待ちの車の行列ができており、バスと言えども少々時間がかかりました。
d0161702_20133075.jpg


バス停からは一面の梅の花と、その裏にそびえる幕山が見えた。
険しい山だ……
d0161702_20134684.jpg



梅の咲き誇る公園を歩きます。
d0161702_20135430.jpg


いやーすばらしい。
いろいろな品種の梅が満開です。
d0161702_20140386.jpg


梅の香りの漂う中、かなりの急傾斜をジグザグに登っていく。
d0161702_20152456.jpg


幕山って、意外に岩山なんですな。垂直の崖が見える。
d0161702_20141858.jpg


と、視線を落とすと岩のふもとに人が大勢。
こりゃ岩登りをやっているのだ。
d0161702_20142956.jpg
道理で……ハイキングに行くにしては重装備の登山客がバスに乗っていたわけだ。雪山にでも行くのかよ、って装備だったんで、不思議だったんですよ。
彼らはクライミングの装備を背負っていたわけだ。



どんどん登っていく。
公園の敷地はここまでだ。梅の花もここまで。
d0161702_20144540.jpg

見た目通り、幕山は険しい。
かなりの急坂を登る。
d0161702_20145578.jpg
この日、二回目の出番となるベビーキャリアで子供を背負っていたのですがね、いやー去年の秋に西沢渓谷で背負っていたときよりもかなり……相当重くなってますぞ……
確実に10kgこえてるだろこれ。
昨年北アルプスへ登ったときの荷物が9kgでしたので、それより重いのだ。

もうこれ以上成長したら背負って登るのは無理だ。
すでに息が切れて限界だ。
たった二回目にしてもう出番終わりか、ベビーキャリア。

道のり半ば、湯河原の町と真鶴半島が見える。
d0161702_20150590.jpg
ここで奥さんはギブアップ、下山して公園で待っていると言い出した。
子供+自分の荷物で12~3kg背負った僕もかなりきつい。
その上、朝の冷え込みでいささか厚着しすぎた。汗をかいて服を脱ぎ、それらもただの荷物と化した。
汗をかきかき、トレーニングだと思ってがんばる。
続きます。


トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/26551685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2018-03-09 20:16 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150