東北北陸雪道ドライブツーリング 最終日

さてどの道を通って帰ろうか……
積雪がたっぷりあれば、新潟をもっと楽しみたいけど、あんまり雪がないのでもういいかな。最短距離で帰ることにしよう。

長野県を経由せず、魚沼から三国峠を越え、群馬県へ降りるルートを取ることに決めた。
雪がないなあと思っていた新潟県ですが、あれれ?
小出、六日町とだんだん積雪が増えてきたぞ……
d0161702_18590838.jpg


さすが日本有数の豪雪地帯、魚沼です。
ドカ雪だ。
この旅行最後の道の駅、南魚沼に立ち寄りました。
一旦は溶けてなくなった車体の雪が、また付着し始めたぞ。
d0161702_18591860.jpg



魚沼から先は、日本最大のスキー場銀座です。
ガーラ湯沢、石打丸山、神立高原、苗場。僕も何度も来たことがあるスキー場が道の両側に並ぶ。
そして三国峠へ登り始めると、一気に雪景色となった。
d0161702_18592711.jpg



もうないだろうと思った圧雪路がずーっと続きます。
本来なら楽しい道なんですけど、この道はよその雪道とは違います。
走ってる車が、地元車ではなくて都会からのスキー客なんです。

なので雪に慣れない車が多く、危ないやら遅いやらで非常に気を使う。
広い道でぱっと前に出て、あとは自分のペースで走れるようになった。
完全な圧雪路で、見た目ほどは滑らない。というか、圧雪路はけっこうグリップがよくて、滑り出しが穏やかなんですよ。スタッドレスタイヤとの相性が良いのです。
d0161702_18593543.jpg


この豪雪地帯にやってくるのにスタッドレスタイヤでもチェーンでもない都会の車がちらほらいて、何台かスタックしているのを見かけました。スキー場近辺では珍しくない光景です。RAV4などの四駆もスタックしていた。重要なのは駆動方式ではなく、タイヤなのです。

三国峠のトンネルを抜け、水上までは雪が積もっている。
しかし沼田までくればもう、一気に雪が消えてドライ路面になりました。
d0161702_18594600.jpg
この旅も終わりだなと感じる景色です。
高速に乗る前に、先日来たばっかりのような気がする津久田の永井食堂で土産のもつ煮を買っておきました。夕方にはもう行列はしてないけど、食事をするには半端な時間です。ちょっと後ろ髪を引かれる思いでしたが。

赤城ICから高速に乗りました。
あとはもう、オートクルーズコントロールを駆使してゆったり走るだけ。
夜8時前には帰宅できました。
d0161702_19000651.jpg



本日の走行距離は740km、三日間の総走行距離は1954km。
平均燃費は21km/Lですが、高速道はおよそ26km/Lを記録した。
秋田で満タンにしたタンク、神奈川の自宅でまだ半分残っていました。740km走って半分ですよ?
(といってもこの車の燃料計、半分すぎると減り始めるのが早くなります)

翌日は泥まみれになった320dを高圧洗浄機で洗った。
洗っても洗っても泥混じりの水がたれてくる。雪道走行後は、凍結防止剤の塩分が付いているし、海水もかぶってしまったので念入りに下回りを洗いました。
なんとラジエーター前に残った雪が、翌日になってもまだ凍っていましたよ。

弟には買ったばかりの車で泥まみれなんてもったいない、って言われましたが、僕の車バイクとの付き合い方はこうなんです。使って使って使い倒す。
弟は買ったバイクを眺めて洗って磨いて楽しむ人なんで、意見が合わないですねえ。走行距離なんて1年で1000kmいかないんですから。僕の2日分ですねw



さて今回の雪道ドライブ・ツーリング、新雪路面でスタックしたり、チェーンを片方なくしたり、地吹雪で進めなくなったりと、実にいろいろなことを学びました。
といっても今開催中のダカールラリーにくらべたら屁みたいなもんですがw

こうして得たTIPは、またあとでまとめる予定です。


トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/26341086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shimiy at 2018-01-11 23:47 x
いつも楽しい冒険談ありがとうございます

ただお子さんが生れたばかりとの事なので、少し心配してしまいます
僕は子供が高1と中2になったので最近ようやくちょい乗り程度なら妻とのタンデムを再開しました
子供が小さいうちは万が一にも二人揃って交通事故とかで死亡すると、子供が路頭に迷うことになるので、妻とのタンデム禁止&車でも前後の対角線乗車が我家のルールでした
家と生保があるのと万が一の時には兄が後見人になってお金のやり繰りさえしてくれれば、二人共大学卒業迄の全費用が賄えそうなので、ようやく自分の楽しみの優先度をあげました
大変おせっかいで申し訳ないですが、極端なアドベンチャーは今しばらく控えてはどうでしょうか?
生保で3~4000万入っても女房子供の生活費・学費(場合によっては税金もかかるかな)で10年もしないで資金ショートするのは目に見えてるんで、極力死なない為のリスク回避をお勧めします
ブログを楽しく読ませてもらってるんで、行動をスポイルするのは僕もつまんないんですけど、老婆心と思ってたちょっと気に留めて頂ければ幸いです
ブログ応援してます
Commented by Kachi at 2018-01-12 12:45 x
ここ数日の爆弾低気圧の後に行ったらさらにすごいことになっていたでしょうね。
ヤッパリ寒い地方で生まれた車は雪にも強いんですねぇ。
フランス車とかってどうなんでしょうね。
自宅に帰られてホッとされたことでしょう。
もう過去のことですけど、体温めてお仕事頑張りましょう(^^)

Kachi//
Commented by punto1150 at 2018-01-12 18:55
shimiyさん
ご心配おかけしたようで、ありがとうございます。
雪道ドライブは、言うほど危険じゃないのですよ。なんせ、地元で暮らしてる人たちがいるくらいですから、人跡未踏の地とかではないんです。

僕が昨年一番危ない、命の危険を感じたのは、西穂高岳に登ったときです。あれは本当に死を意識せざるを得ない道のりでした。
なので、もうあんな危険な山にな登るまい、と決めています。
楽して楽しく山登り、これにつきます。

今年の冬のうちにR1150GSの再登録を済ませる予定ですので、今度はバイクで旅に出られるようになりますよ。
Commented by punto1150 at 2018-01-12 18:59
Kachiさん
BMWは、まあまあ雪道行けました。むしろ、FFのゴルフより安定感があったくらいで、意外ですね。おそらく前後の重量バランスが良いのだろうと思います。

フランス車は乗ったことないんですよねえ。イタリア車ならあるんですが。
でも、フランス・イタリア車がドイツ車より走行性能が劣るということはないのではないでしょうか。要は、タイヤのグリップ力です。スタッドレスタイヤの性能次第なんです。
同じスタッドレスタイヤでも、凍結路面を重視したタイプと、ドライ路面とのバランスを取ったものとありますから、その選択が難しいです。
by punto1150 | 2018-01-11 19:01 | ツーリング・旅行 | Trackback | Comments(4)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150