伊豆へドライブへ~BMW320dインプレッション~ 中身は?装備は?

d0161702_19152061.jpg

エンジンフードは、レバーを二回引くと開く。
d0161702_19153215.jpg
エンジンルーム内は今の車にしては手の入る隙間が多く、整備はやりやすそうです。
BMWらしく、エンジンは目一杯後ろへ食い込んでいる。
ターボチャージャーがすぐ手の届くところにあるのはいいですね。といっても滅多といじる場所じゃないけど。


ピンぼけですが、奥にあるターボチャージャーは鋳鉄製です。他のパーツのほとんどがアルミかステンレスなのに、いまだにターボは伝統の砂型鋳造の鉄製なんですね。なので、ただ一か所錆びています。ターボを錆びさせないテクノロジーってまだ無いのかねえ?
ターボの後ろにある太い筒が、DPF(ディーゼル微粒子フィルター)です。排気を浄化する装置ですね。ガソリン車にはないものです。
d0161702_19154801.jpg


バッテリーが見当たりませんが、じつはリアトランクルームにあるんです。
救急キットの下に隠れている。
d0161702_19155949.jpg


救急キットが乗せられているのはドイツ車ではよくあることですが、肝心の文字がドイツ語かあ。
d0161702_19160983.jpg


トランクルームの容量はたっぷり、リアシートをたためば、足伸ばして寝転べる。
こりゃ車中泊がはかどりますよ。
でも、おやっと思ったのが収納の少なさ。室内には事実上、グローブボックスとセンターコンソールボックスしかない。スペアタイヤがないぶん、トランクは大きいんですが。
あっちこっちに小さい収納があったゴルフよりもちょっと不便。
また、後席の背もたれを倒すことが室内からできない。外へ出てトランクルームからロックを解除する必要があるんです。これは謎だ。
d0161702_19161970.jpg



まだ新車の匂いが残る室内、ワクワクします。

メーターパネル内の表示は大半が液晶表示です。
くっきり見えるのが今風です。
アナログライクな瞬間燃費計もある。
d0161702_19162750.jpg


てんこ盛りの安全装備。ABSやトラクションコントロールなんて当たり前。
パーキングアシスト、バックカメラ、レーン逸脱警告、アクテイブクルーズコントロール(車間距離自動調整)、自動ブレーキ、ブラインドスポットウォーニング等々、あらゆる最新の安全性能が付加されており、いずれも僕は初体験です。今時の自動車、レーダーついてるんだよなあw 戦闘機みたい。

パーキングアシストとリアビューカメラは、まだ慣れていない。
カメラにはガイドの線が表示されるのですが、信用しきれてないので結局目視でバックしてます。
これからですね。

レーン逸脱警報は、うーん、要るかなあ?これ。
ワインディングを攻めて走るとしばしばセンターラインを踏みますが、そのたびに警告のハンドル振動がくる。正直鬱陶しいかな? いちおうオフにできますが。

アクティブ・クルーズ・コントロール
車間距離を自動で保ってくれる、クルコンです。
西湘バイパスでちょこっと使ってみましたが、非常に奇妙な感覚ですね。
誰かが僕の代わりにブレーキとアクセルを踏んでるんですよ。これもまだ慣れない。

最近の流行り、アイドリングストップ機能。これまた初めての経験です。
僕はこれについては懐疑的で、スターターモーターとバッテリーへの負荷が気になる。
オフにもできますが、一回エンジンを切るとまたオンになってしまうので、いちいちオフにしてるのが面倒。だからオンにしっぱなしです。
でも、この車のアイドリング音は例のゴロゴロ音なので、気持ちよくない。エンジンが止まってる方が快適かもね。

くわえてコンフォートアクセス、電動シートも初。そもそもキー穴がない。キーを持っていればエンジンがかかるし、ドアノブに触れるとロック解除できるし、後ろに回って足を動かすとトランクを開けてくれるんです。ぶったまげた。
ありとあらゆる場所が電気で動いている。
なのでトランク下に収まるバッテリーは乗用車とは思えない大きさです。バッテリー電圧は常にきめ細かくモニターされており、それに応じて警告や機能のオフが入る。
バッテリーが完全に上がるとまったくどこも動かなくなる。燃料リッドも開かなくなるんですよ。




BMWのダイヤル式コントローラー= iDrive。これでできることは、膨大。慣れるまでは苦労しそうです。ダイヤルの上面はタッチパネルになっており、字を書いたり地図をスクロールしたりできる。
音声入力もできるんですけど、僕が「目的地を道の駅天城越えに」と言っても認識してくれず、連絡先リストを表示されてしまった。僕の声は相性悪いのかなあ? BMWの音声認識は評判イマイチで、iPhoneなみのものを期待するとダメですね。
d0161702_19164647.jpg
iDriveの機能はちゃんと勉強しないといけない。正直、一日二日じゃ把握しきれないほどの機能がある。
といっても、こういうのはいじりながら覚えていくのがいい。覚える過程が楽しいのです。新発見の連続です。


僕がかなりこだわりを持っているカーナビですが、まあだいたい使い方がわかってきた。
地図データは最新のものが入っているし、不足はない。ただ、道の色の表示が今までと違うので、まだとまどっています。
ルート作りは有料優先、一般道優先、エコ、距離優先、推奨、の5パターンが作られます。
まあ、これから学習させていけば良くなっていくのかな?まだ様子見です。
最初のインプレで触れたように、アルパインっぽいルート作りをする。えらく狭い街路に導いてくれるときもあれば、妙に遠回りをさせたりします。
今回のドライブは知った道だけしか走っていない。この冬にさっそく雪道ドライブにいくつもりでいますので、その時が本格的なナビのテストとなるでしょう。

このクルマ、なんと紙の取扱説明書が載っていない。(ごくかんたんなものは載ってます)取説はこのダイヤル式コントローラーで画面に呼び出すのですよ。使い方はネットで見ろ、っていうiPhoneに似てますね。
Apple CarPlayというiPhoneの操作をクルマの画面でやってしまうアプリをインストールできるのですが、これは3万オーバーです。
d0161702_19170151.jpg
何しろすごいと感じたのは、スマートフォン、ネットとの親和性です。
コネクテッドドライブというサービスにネットから加入すると、iPhoneを使ってリモートコントロールでエアコンを起動させたり、パッシングさせたりできる……らしい。駐車中バッテリー電圧がやばくなると教えてくれたり、車両の現在地を示してくれたりナビの地図データをダウンロードできたりする…試してないけど。
PCやスマホから検索した地点をクルマに送り、目的地点に設定することができるというのはいい。これですよこれ。欲しかった機能は。
(ただし、どれもほとんど有料サービスです! どうするかなあ)
また無料の標準サービスで、SOSをBMWサービスへ発信できる。事故でクルマが破損するとか、急病人がでたとかすると、自動または手動で連絡が行く。できれば一生使いたくない機能ですが。

iPhoneとの連携は素晴らしい。
Bluetoothの接続は実に素早いし、音楽を聞きながらエンジン停止し、またエンジンをかけると自動で再生が始まる。
プレイリストもクルマ側から選択できますし、連絡先も見て選べます。もちろん電話も連絡先もクルマから操作できる。要するに、運転中iPhoneを見たり触ったりする必要がない。



僕が想像もしていなかった、未来のクルマが目の前にある感じがする。後は変形して人形になるだけですw
まあ、ターボチャージャーは錆びるんですけどねw
d0161702_19172116.jpg
車の装備は、この10年で革命と言っていいほど進化を遂げました。
かつては普通の知識があれば車の乗り換えに不便は感じませんでしたが、今は違う。
知らないことだらけです。30年前の自分をつれてきて、この車運転して、って言ってもできないと思う。

走行距離からみて、すぐ交換するようなものはなさそうです。新車サービス期間があと1年残ってますので、納車前に一通り点検交換が済んでいるということです。
まあ、一通り点検はしますけど。

ちなみに古き我が愛車、フォルクスワーゲンゴルフGTIは買取専門店で売却しましたが、お値段は21万円。
涙出ますねえ。9年8万キロとはいえ、すべて完調なのにな。
ながらく人生をともにしたパートナーとの別れはつらいです。


トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/26230246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by g7tkm at 2017-12-13 22:51 x
いつも楽しく拝見しております。
私はゴルフ5gtiからゴルフ7のgtiに乗り換えましたが、ゴルフ7もターボは真っ茶色にさびております笑

最新のエンジンルームに錆びてる部品があると気になって仕方ないですよね、、
Commented by Kachi at 2017-12-13 23:48 x
10年ひと昔とはよく言いますが、エレクトロニクス、とりわけこうしたコンピュータ関係は長足の進歩ですよね。
私も20台だったらきっとすぐに覚えるんでしょうけど、たぶん、死ぬまで使わない機能がいっぱいあると思われ(笑)
拙宅の2008年式Golf Variant Confortlineもネットの見積もりサイトで見積もったら15万ですよ、調子いいし、塗装だってきれいなものなのに、まあ、クルマってのは買っても売っても得することはないっていいますからね。
しばらくはかなり遊べそうですね。

Kachi//
Commented by 鋳物屋 at 2017-12-14 00:17 x
タービンハウジング作ってる会社で働いてます。
アルミやステンレス素材のタービンというのは聞いたことが無いですね。
高温高圧になるので強度を満たそうとすると鋳物なのかなと思います。
F1のターボも鋳物でしたしね。ほとんど同じ寸法の物が今はトラックに使われてます。
錆の問題は数百度に耐える塗料の問題でしょう。
しかし外車の買い取りはお安いですね。
もはや手遅れですが数倍でも買い取りたかったです(笑)
Commented by shimiy at 2017-12-14 12:25 x
puntさんがgolfヤフオクで売るとか書けば、結構な値段で売れたと思いますよ
Commented by punto1150 at 2017-12-14 19:03
g7tkmさん
僕のゴルフ5もターボは錆びてましたねえ。位置的によく見えるわけじゃないので、気になりませんでしたが。
この320d、すごく目につく場所にターボがあるので、「あ、ターボが錆びてる」ってすぐ思っちゃうんですよ。まあ、しょうがないのですがね。
Commented by punto1150 at 2017-12-14 19:07
Kachiさん
僕がゴルフを買った頃は、こういう電子系装備は高級車には装備され始めていましたが、一般の車にはまだまだ。国産乗用車はトラクションコントロールすらついてないのが普通の時代でした。もちろん、アイドリングストップ機能もまだほとんどなかった。

たった10年で本当に車は変わりました。びっくりしますよ、乗り換えると。
Commented by punto1150 at 2017-12-14 19:09
鋳物屋さん
これは本職の方ですね。やっぱりターボは鋳鉄なんですね。F1ですら鋳鉄製なのだから、これしかないという素材なのでしょう。
映像で見ると、レース用のターボチャージャーは真っ赤になるほどの高温になっており、こりゃアルミなんてひとたまりもないなあと思います。
Commented by punto1150 at 2017-12-14 19:13
shimiyさん
いやー思いつかなかったですよ、オークションなんて。
けっこうゴルフの売却とBMWの納車時期に余裕がなくて、毎週土日はこのことにかかりっきり、他に何もできない状態でした。
もうちょっとスケジュールに余裕があればオークションとかも考えたかなあ?
by punto1150 | 2017-12-13 19:21 | クルマ | Trackback | Comments(8)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150