1/35 3トンハーフトラックの製作開始

艦船模型の次は陸ものを作ります。
たまにはソフトスキン(非装甲)車両を作ってみるか。

選んだのは、AFVクラブの3トンハーフトラックSd.kfz11 です。
d0161702_19100178.jpg
ドイツ軍のハーフトラックは、最小がオートバイサイズの「ケッテンクラート」、最大が戦車などの大重量物を引っ張る18トンのものまで幅広くラインナップされており、開戦時から終戦までの全期間、全戦線で大量に使われました。
ドイツ軍のあるところハーフトラックあり。

文字通り、ドイツ軍の軍馬。
その仕事は、あらゆるものを引っ張り、運ぶことです。引っ張るものは各種野砲、弾薬、故障した車両など、ありとあらゆるものを運びました。

また、改造されて、荷台に機関砲や対戦車砲を搭載したりしたものもよく知られています。

かつてタミヤから8トンハーフトラックが発売されており、これが僕の世代にとっては代表的なハーフトラックでした。
今どきは、全部のハーフトラックが各社からキット化されてます。





箱を開けてみると、こんな小さな車両なのにパーツがどっさりです。
エッチングも入ってる。
d0161702_19103623.jpg

モールドの彫刻はとても繊細でシャープ。
なかなかよさそうです。
d0161702_19103936.jpg
d0161702_19104197.jpg



まずは下回りから手を付けます。
構造的にトラックと非常によく似ている。シンプルなラダーフレームです。
ここで歪みが出るとあとあと大変なので、ハタガネやクリップを使ってしっかり接着します。
d0161702_19110152.jpg

トラックバックURL : https://punto1150.exblog.jp/tb/22572660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2015-11-27 19:11 | プラモデル | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150