富士山・宝永火口一周登山 のはずが? その2

体調イマイチでUターン、新七合目から1時間ほど下ってきました。
d0161702_09230576.jpg


これが宝永火口!
すごい、雄大ながめです。地球なんでしょうかここは。
d0161702_09231920.jpg


宝永火口とは、宝永4年(1707年)、今のところ最新の富士山の大噴火でできた火口です。
江戸時代なかごろ、2年前には赤穂浪士の討ち入りがあり、将軍綱吉の時代でした。

「富士山の噴火」というと、だれもがイメージするビジュアルは富士山山頂からの噴火でしょう。
ところが、歴史時代に入ってから富士山は一回も山頂から大噴火したことはないのです。
平安時代の二回の大噴火はいずれもふもとからの噴火で、北方向と南方向、特に南の富士吉田方向へ大量の溶岩が流れた。
d0161702_18382839.jpg


そして1707年の宝永大噴火。
端正だった富士山の姿が、今のようないびつになった原因の噴火です。
溶岩は流れ出ず、そのかわり膨大な火山灰が噴出しました。
火山灰が降る、というとパラパラと降るようなイメージがありますけど、このときは違った。富士山東のふもとではバケツの砂をかぶったような勢いでドバドバと火山灰が降り、昼でも真っ暗となり、屋内では明かりをともしてしのいだ。

今の小山町、御殿場市(当時は須走、高根、北郷、御厨など)に数メートルもの真っ黒な火山灰が降り積もり、特に須走にあった村には灼熱の火山弾が降り、村は炎上しました。


「富士山大噴火」って聞けば、なんやらこの世の終わりのような響きがありますが、実際に大変だったのが噴火そのものではなくその後。飢餓と経済危機です。
噴火そのもので死んだ人よりも、その後の飢餓で死んだ人のほうがはるかに多い。
d0161702_18383278.jpg


御殿場や小山周辺は壊滅し、村々は火山灰に埋もれ、無人の地となったのはもちろんなのですが、神奈川西部にも3~50センチもの火山灰が積もり、田畑は完全に耕作不能となった。
幕府も小田原藩も急遽役人を被災地に派遣したものの、真っ黒な砂漠となった領地を見て呆然とするだけ。特に小田原藩は税収の大半を失い、財政が破綻、被災地域を幕府に一時的に返納します。以降、小田原藩は明治まで借金を返せず、日本有数の貧乏藩へ転落です。
いつの時代も、役所の無能無策が災害を拡大するのです。
d0161702_18391051.jpg


火山灰に埋まった田畑を復旧するため、百姓たちはせっせと火山灰を川に捨てに行きました。ただでさえ降灰で浅くなった川が、さらに浅くなります。
噴火の翌年、酒匂川は大洪水を起こし、足柄平野は土石流に飲み込まれた。水が引くと、大河酒匂川は流路を大きく変えてしまっていた。実は、酒匂川は1707年以前は別の場所を流れていたのですよ。
噴火はたった二週間で終息しましたが、神奈川西部の住人たちがもとの生活を営めるようになるまで、実に100年以上かかっています。

宝永大噴火を熱く語ってしまいました。
体調イマイチだし、ここで昼飯にしてしまおう。


火口を一周するという野望は本日はお預け。
このまま下り始めます。
d0161702_18383546.jpg


皮肉なことに、この頃になってやっと雲が取れてきた。
山頂が姿を見せてくれました。
d0161702_18393605.jpg


静かな森の中を歩いて、五合目駐車場へ向かいます。
この体調不良は高山病かな?とか思っていましたが、どうもちがう。
寒気がしてきたし、体があちこち痛い。こりゃ風邪だなあ。
d0161702_18394655.jpg


昔から3日、一週間、あるいは3週間という旅行に出てきましたが、出先で具合悪くなったことは記憶に無い。
若かったこともあるし、緊張感があったからでしょうか。
まあ、思い返せば今朝目が覚めたときからちょっと違和感あったんですよねえ。
若いときは元気で病気を跳ね返せたのですが、今はそうもいかんらしい。

五合目駐車場へ戻ってきました。
3時間しか歩いていないのにぐったりです。
でもまあ、無理せずUターンしてきて正解。何事も、特に山の中では慎重に行動しないとね。
d0161702_18395420.jpg
これからあと、9月下旬まで富士山は一般車両通行禁止になります。
夏の間、涼しい場所に行きたいなら信州へ出かけていくしかなさそうですね。




トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/24924192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kachi at 2017-07-18 23:57 x
宝永山てあまり興味を持って見たことなかったですが、山頂に行くよりは行きやすいのかな。
今度機会があったら装備をしっかりして行ってみたいものです。
日本にもそんなポンペイのような災害があったんですね、まだまだ歴史で知らないことが多い^_^;

Kachi//
Commented by punto1150 at 2017-07-19 19:46
Kachiさん
宝永火口は、駐車場から歩いて1時間位でいけますよ。装備も別に必要ないです。スニーカーで十分じゃないかな。
「ブラタモリ」でタモリが歩いて登ってこれたくらいですから、子供でもじゅうぶん大丈夫。

富士山の大噴火って、恐怖のイメージばかりが先行してますが、実際には火山灰による被害が主で、溶岩に巻き込まれたとか、火砕流に飲まれたとかは起きてないのです。
たいしたことない、と言うつもりはないですが、マスコミとかの恐怖心を煽る報道はうんざりしてるところです。
by punto1150 | 2017-07-16 18:41 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(2)

BMW R1150GSとVW GolfGTIで遊びに行く日記帳です


by punto1150