胆石の手術を終えました 最終回 ~手術の後日編~

胆石の手術から、一ヶ月以上経過しました。
おかげさまで、健康です。

手術当日は、手術そのものはまったく記憶に無い。
全身麻酔で意識がないから。

でも、手術後の長い長い待ち時間は覚えてます。
なにしろ空腹と退屈との戦いでした。




半日入院の教訓。

病院によるでしょうが、この中は電波状態が良くなく、公共Wi-Fiの電波も弱く、スマホなどはあまり暇つぶしになりません。
本を持っていくのがベストかな。
この日も読むのに時間がかかりそうな、厚い本を持っていていたのですが、荷物の底に入っていて取り出すのがめんどくさかった。
麻酔が残った状態だと、「荷物の底のものを取り出す」程度のほんのちょっとした手間がかけられないのですよ。

病室(手術室前の待機ベッド)は、意外にウルサイ。
隣のガキ、おっさん、おばさん、病人も健康な人も、どれもウルサイ。そしてそれだけじゃない。
機械が動く音、ガラガラと担架が動く音、看護婦さんの誰かを呼ぶ声。病院は、ホテルじゃない。大勢の人がいそがしく働いているのです。
耳栓があったほうが、絶対便利です。寝たいのに寝られない苦痛は結構効く。

スマホ、イヤホン、本、スリッパ、時計、耳栓。
これら必要なものは、あらかじめポーチなどに分けて入れる。貴重品はロッカーに、ベッドで必要なものは手で持って、ベッドの机においておくといい。
麻酔かかってると、かったるいし、ホイホイロッカーへは行けないですよ。
まあ、二度と入院するのはごめんですが……病院から脱走する人の気持ちがようやくわかった。






で、手術翌日からの快復への道のり。

翌日にはもう、傷も腹の中もほとんど痛くない。熱も下がった。
だが、腹の皮が引きつり気味で、背を伸ばすと傷が開きそう。
一日猫背で行動します。
もらった痛み止めも、手術当日に飲んだだけ。翌日にはもう不要と感じた。


まる24時間絶食後の食事。
おかゆを用意してもらっていたのですが、こういう状態のときって、味の薄いものが食いたくないのですよ。おかゆに醤油かけて食ってしまった。
翌日からはわりと普通のものを食い始めました。ただし、当分油ものは避ける。



当日はたんが出るくらいでさほど痛くなかった
気管挿管でできた傷が、翌々日になって痛くなってきた。
ものを飲み下すときに、当たって痛い。

口の中の見える部分にも傷がいくつかあり、それがそのまま口内炎になってしまった。
なんでこんな場所に傷がつくんだろう?ってところに傷がある。
これが結構長引いた。
一週間ほど、口内炎と喉の傷に悩まされました。




一週間程度、腹筋に力を入れる動作をすると、やっぱり痛みがあった。
ですが、手術前に調子悪かった部分=鈍痛・疼痛はきれいサッパリ消えていた。
痛みは、切った部分の傷の痛みだけです。
なんというか、スッキリしているのです。

鈍痛がなくなっただけじゃない。
胃もたれや胸焼けも感じなくなった。
異常に多かったゲップ、おならもすっと消えた。

特に強調しておきたいのが、便通のよさ。
7~8年前からの不安定な便通、便秘気味という状態がウソのように消え、快便そのものです。
要するに、それまで「歳のせい」と思っていたあらゆる症状が消えたのです。

胆石にともなう体の異常は、消滅した。
違和感がスッキリ消えて、10歳若返ったような気分です。


もし、数年にわたる便通不順、消化不良、げっぷやおならが起きているなら、もしかすると胆石があるのかもしれませんよ。一回エコー検査を受けるのをおすすめします。
ただし、資金の豊富な、最新機材を持っている病院が良い。古い機材だと固まる前の胆石は見えない。





僕は休日は何しようか前々から考えてしまう人間です。天気が良ければ、たいてい室内にはいない。絶対引きこもりにはなれない。
これに関しては家族にも呆れられています。

この時も一緒です。
手術の翌日には、もうじっとしてるのに嫌気が差してきた。
ドライブやツーリングは無理でも、せめて仕事行こうか……って気になる。
家でじっとしていたのは1日間、2日目にはリハビリを兼ねて車で買い物へ。
3日目には仕事、5日目にはバイクで出かけていました。

だれでもこんな風に順調に快復していくかどうかはわかりません。
たぶん個人差があると思う。
僕は怪我からの快復が早い体質なのでしょう。
コレステロールが多い体質は困りものですが、怪我の治りが早い体質は親に感謝ですね。





手術の二週間後、血液検査と問診がありました。
その日で病院通いは終了。万事OKとのお墨付きをいただいた。

検査・手術に当たった湘南鎌倉総合病院の医師、看護師、スタッフのみなさんには感謝・感謝です。
千のありがとうを捧げたいですね。技術的にも機材的にも、とても良い病院です。


トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/24584340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うー at 2017-06-23 09:08 x
私は親知らずを抜いた時と、犬に咬まれた時に縫っただけです。なので何とも言えませんが腰痛持ちなのでぎっくりしちゃうと、今まで普通に出来ていた動作にこんなにあちこちの筋肉を使っていたんだ…ってあらためて健康に感謝します。5日後にバイクはすごいなぁ。
Commented by punto1150 at 2017-06-23 19:42
うーさん
僕は親知らず抜いたことも、犬に噛まれたこともないのに、いきなり腹の手術でしたよ。
今回の病気でつくづく痛感したのは、病院によって、あるいは医者によって言うことがかなり違う、ってことなんです。
信頼できる「当たり」の医者に巡り会えるかどうかが運命の分かれ道なんですねえ。見た目でそれがわかれば苦労しないのですけど……

by punto1150 | 2017-06-22 20:06 | 健康 | Trackback | Comments(2)

BMW R1150GSとVW GolfGTIで遊びに行く日記帳です


by punto1150