ケリーケトルの燃焼実験

前回のエスビットストーブにつづいて、アウトドア用の調理器具をテストしてみます。
d0161702_19185551.jpg

なんじゃこれ?と思うような道具ですな。

これは、ケトル=やかん の名の通り、アウトドア用のやかんなんです。
アメリカ生まれのアウトドアグッズ。

大中小の3サイズありますが、僕が買ったのは中の1.2L、スカウト、というモデル。



d0161702_19190745.jpg


公式の紹介動画はこれ。




まさにアウトドア、男の世界、って雰囲気。
小枝や枯れ葉を燃やして湯を沸かす、ってのがいい。


使い方は、木炭以外の燃料ならば、だいたいなんでも使えるらしい。
想定している燃料は、枯れ葉、松ぼっくり、木の枝などで、現地調達して燃やしちゃおうというんです。

ほかにアルコールバーナーや固形アルコールも使えるようです。

木炭がだめなのは、温度が上がりすぎるため。
木の枝の燃焼温度はせいぜい200~600度ですが、木炭は1000度を越えることがある。
なんせ、鉄が溶ける温度です。
だから使えない。




届いたものを見ると、やっぱりでかいですな。

袋に入れてもこのサイズ。
ちょっと登山に使える大きさじゃない。
車かバイクでキャンプサイトにアクセスしないと。
d0161702_19202259.jpg

僕が買ったのはケリーケトル伝統のアルミ製ではなく、ステンレス製です。
アルミよりちょっと重い。
ケリーケトルの動画などを見ていると、同時に調理ができるゴトクがオプションにあるので、それも必要な気がしてきましたが。




実際どんな使い心地なのか、テストしなくては。
なんでもぶっつけ本番は危ないですしね。
そのために、燃料となる小枝や松ぼっくりを集めてきた。
湘南海岸はクロマツがいっぱい生えているので、松ぼっくりには不自由しません。
d0161702_19203791.jpg


紙を火口に、松の葉っぱを積んで、火が付いたら松ぼっくりを投入。
d0161702_19204869.jpg


水は口切りいっぱいまで入れる。だいたい1.2リットル入りました。
注ぎ口から水が見えないと、沸いているのか見えないのですよ。

松ぼっくりには油分が含まれているので、えらい勢いで燃えます。
煙突部分から炎が吹き上がる。
この炎を調理に使わない手はないかな。
d0161702_19205934.jpg


5分ほどでグツグツ煮えてきた。
予想よりかなり火力がある。
d0161702_19211113.jpg

1.2リットルの水を沸かすのに、使った松ぼっくりは10~15コくらいでしょうか。それがだいぶ焼け残った。
思っていたよりかなり少ない燃料で済んだな。
これは使えそうなアウトドアグッズですよ。

ガスやアルコールと異なり、木を燃やすとススが出ます。
タワシで水洗いくらいじゃ落ち切らないのですけど、煤けてくるのもまた味ってことでしょう。


トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/24225059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mongoose-nx at 2017-05-23 21:34 x
こんばんは。
大昔,ボーイスカウトで毎週末キャンプをさせられていましたが,
その時の鍋には「コーティング」と称して,クレンザーを水で固めに溶いたものを塗りたくっていました。
当時は言われるがままにやってましたが,効果あったのかなぁ?
インドア派には地獄の週末でした・・・
Commented by punto1150 at 2017-05-24 19:09
mogoose-nxさん
ボーイスカウトやっておられたんですね。僕はやりたかったのですが、親が許可してくれなかったですねえ。いろいろ役立つ知識が得られただろうと思います。
でもクレンザーで鍋をコーティングってのは初めて聞きました。ほんとうに役に立つのか?わかりませんね。今のアウトドア用の鍋は、アルミやチタンなので、錆止めは必要ないですしね。
Commented by うー at 2017-05-26 12:52 x
キャラバンシューズ、キスリング同様もうラジウスの出番はないですね。
Commented by punto1150 at 2017-05-26 18:53
うーさん
ラジウス、懐かしいですねー。僕は個人で所有したことはないのですが、山岳部に入って最初に教わるのがこれに点火方法でした。
あれが結構難しくて、火柱あげたりしましたねえ。

当時からすでにガスストーブはあったのですけど、なぜか部活では使わなかったですね。高価だったのかな?
by punto1150 | 2017-05-23 19:23 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(4)

BMW R1150GSとVW GolfGTIで遊びに行く日記帳です


by punto1150