胆石の手術を終えました その5 ~手術の後で~

9時に手術開始、10時半には終わった。
11時には意識もはっきりした。

でも、家族は帰ってしまい、iPhoneも手元にない。
意識が戻ると同時に、切ったところ=体の中と外両方が痛みだした。
気管にチューブを入れられていたので、喉もガラガラする。たんが出る。口の中にも傷がある。

腕が動くようになったので布団をめくって自分の腹を見てみると、ヘソのすぐ下、みぞおち、右脇腹に二ヶ所、計4ヶ所テープが貼られて血が滲んでいた。
傷はそれぞれ2~3センチくらいでしょう。

元胆嚢があったとおぼしき場所も痛い。
今まで鈍痛があった場所が、痛みの質が変わって、ズキズキ痛いのです。
と言っても、我慢できないほどの痛みじゃない。
痛みの程度は?と聞かれると、カッターで指先切ったくらいの痛み。
時間とともに小さくなってくる痛みです。


傷が痛いのもややつらかったですが、時間はいつの間にか12時を過ぎ、強烈な空腹感が襲ってきた。
腹減った、腹減ったと口の中でつぶやきます。

看護婦さんは2時間おきくらいにやってきて、血圧、心拍数などを測っていきます。
水飲みたいと訴えましたが、だめでした。
点滴を受けているので、水分と栄養は補充されているのですが、喉がいがらっぽいのです。そして空腹。


これから延々、ベッドの上で悶々としていました。
横になっているので眠りそうになるのですが、眠れない。
なぜかというと、周りがうるさいんですわ……

となりには甘えん坊のガキンチョがママにあまえて騒いでるし、その上空腹の僕の隣でケンタッキーフライドチキンを食いだしたのが許せん。その上ママがいなくなると携帯ゲーム機までやりだして、さすがに看護婦さんに怒られていた。最近のガキはしつけがなっちょらん。
その反対側には僕のあとに同じ胆嚢の手術をしたおじさんがうーうー唸ってるしねえ。傷が痛いからといって、なんども看護婦さんを呼ぶ。
僕と同じ手術なんだから、痛い痛い言うな!と思いましたよ。
僕は男らしく、看護婦なんか呼ばずにじっと耐える。心頭滅却すれば火もまた涼し。

だがこのベッド、柔らかくて腰が沈む。同じ姿勢で寝てると腰が痛くなってきたので、体をよじる。
すると傷が痛む。
心頭滅却してるはずなのだが、痛いもんは痛い。




……時間が経つのが遅い……




この感覚は、おそらく長距離深夜バスに乗ってる感じに近いのかな?
景色が変わらない、狭い空間で他人にかこまれて、同じ姿勢でじっとしているしかない苦痛。寝たいのに寝れない。
水曜どうでしょうの高速バスの旅です。あのつらさを実感した。



午後3時頃になってようやく、立って歩いてトイレに行けるようになった。
本当は1時頃には歩ける感じでしたが、靴が行方不明でね。
布団の下に入っていたのを見つけるのに時間がかかった。

ついでにiPhoneをロッカーからとってきて、このブログに投稿、職場や家族、友人にもLineで知らせる。
TVをいじくりまわし、番組が見られるようになった。午後のロードショーの「沈黙の傭兵」を見てました。
ベッドが電動で姿勢が変えられるのに気が付き、背中を起こしてだいぶ楽になる。
まもなく、水を飲むのが許されて、痛み止めと胃薬を飲みました。

薬を飲んで1時間くらいすると切ったところの痛みはだいぶなくなった。
そのかわり、熱が出てきた。
手術をすると熱が出るというのは本当だったのだ。
薬のせいか、胃がムカつく。


看護婦さんの4回目の検診が終わり、帰ってよしと言われた。
4時半、めでたく退院。
この日の費用は、過去の検査料金が払い戻され、合計12万円ほどでした。
つまり、この手術にかかった全部の総費用がこの金額、ってことです。
保険のお陰でこのお金は戻ってきそうです。
また、2週間後に検診の予約が入っていた。有無を言わさず。

まもなく、弟の運転する車で帰宅しました。

車中で弟から受け取ったのが、取り出された胆石。
小豆サイズの丸い石が一個。色は黒。
d0161702_17182038.jpg
胆石一個しかないやんけ! と驚きましたが、どうも硬い胆石はこれだけで、あとは固まる前の柔らかい胆石が胆嚢に詰まっていたようです。
前の記事に書いた、
「町医者での結果は「胆石がちょっとある」でしたが、総合病院では「胆石たくさん」でしたわ……」
という文章ですが、これは僕の誤解があったようです。

つまり、消化器科医院の機械には硬い胆石のみが写っていたのに対し、総合病院の機械には、固まる前の柔らかい胆石も写っていたということ。やはり機械の性能の差があった。




長かった……この日一日、長かった……
半日入院でこんなにきついのか。
性格的に、僕は入院生活がだめらしい。死ぬときはころっと自宅で死のう。

夕食は食べられるのかな?と思っていましたが、だめだと言われた。
ポカリスエットを飲め、と。
もう空腹すぎて空腹感がなくなってきました。たまに体験する現象です。
風呂もこの日は入れないし、することないのでとっとと寝てしまいました。


トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/24189197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kachi at 2017-05-19 23:22 x
無事に手術終了、そして退院、おめでとうございます。
相部屋は色々あるようですね。
私は入院手術の経験がないですが、奥さんが数ヶ月入院したことがあって、いろいろ聞かされました。
腹がたつこと、笑えることなどなど。
こういうこというと叱られるんですが、いちどは入院してきれいな看護婦さんに看病してもらいたいな、ってと思っていたら、だいたい肝っ玉かあさんみたいな看護婦さんが多いらしいですね。
メタボの指導をしてくださった保健師さんは可愛かったんですが(^-^;

まあ、やっぱり健康が第一ですね。

Kachi//
Commented by punto1150 at 2017-05-20 06:53
Kachiさん
入院経験がある人の話を聞くと、まあ大変ですねえ。
僕は泊まりがなかったので良かったですが、夜中に起きて騒ぎ出すじいさんとかがいて、喧嘩になったとか聞きました。
病人だから静かだろうというのは大間違いのようです。

看護婦さんは、おばちゃんのほうが安心します。
テキパキしてる人がいい。看護学校出たての若い子に注射されたりすると、すごい痛いんですよ。手が震えてたりしてねえ。
by punto1150 | 2017-05-18 17:22 | 健康 | Trackback | Comments(2)

BMW R1150GSとVW GolfGTIで遊びに行く日記帳です


by punto1150