リトルカブの燃料ラインを清掃

先日の南足柄・小田原への往復時、ガソリンが十分あるのにちょっとガス欠っぽい症状が出た。
キャブレター車の場合、たいてい燃料ラインのどこかになにかゴミが詰まっているときにこうなる。

さっそくチェックしましょう。
燃料ホースを引き抜き、ガソリンを抜く。
片方のホースにテープが巻いてあるのは、どっちがリザーブのホースか判別するためです。
燃料コックの下につくのがリザーブ。
d0161702_18592509.jpg
ホースにエアを吹き込んで掃除しておいた。




キャブレターも清掃しましょう。
装着状態のまま、エアで掃除する。
d0161702_18593912.jpg


フロート室にはほんのわずか、細かい粒が沈殿していた。
たぶんこれは原因じゃない。
ありふれたゴミです。
d0161702_18594909.jpg



タンクから抜いたガソリンを、キッチンペーパーで濾過してみた。
するとこんなものが。
スポンジのようなゴミです。直径3ミリくらい。
d0161702_19000050.jpg
このようなゴミは、前回のタンク脱着時にも出てきている。
まだ掃除しきれてなかったようです。おそらくこれが原因。

まだゴミがどこかにあるかもしれませんが、とりあえずはこれで作業完了としましょう。

トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/24127236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by テリー at 2017-04-29 06:15 x
初めまして、かなり以前から1100GSメンテナンス情報としてこのブログにお世話になっています。偶然といえば偶然なのですが、私も、ゴルフ3、BMW1100GSと似たような車種を乗り継いできました。そして、今回またかぶってしまったのですがリトルカブを手に入れレストア中です。またまた、参考にさせていただいています。リトルカブネタも順次アップしていきたいと思います。よかったらブログの方ものぞいてください。
Commented by punto1150 at 2017-05-01 18:42
> テリーさん
はじめまして。
車やバイクの趣味が同じなんですねえ。
そしてたどりついたのがリトルカブってのまで同じという。

リトルカブは実に構造が単純で、いじるのが苦痛にならない、良いおもちゃですよ。
実用性もばつぐんですしね。よほどのことがない限り動かなくならないので、長く付き合えるバイクです。
ブログ、拝見しました。ときどき見に行きますのでよろしくお願いします。
by punto1150 | 2017-04-27 19:00 | リトルカブ | Trackback | Comments(2)

BMW R1150GSとVW GolfGTIで遊びに行く日記帳です


by punto1150