箱根・金時山へ登ってきました その1

1月に大山に登って以来、山から遠ざかっています。
まあ、子供がいると色々用事があるものです。

やっと時間を取って、近場の山へ行ってみました。
といっても、目的の半分はリトルカブの慣らし運転。
そして、ボアアップした最大の理由、山道をストレスなく登るかどうか、テストしなくてはなりません。
箱根が越えられるなら、近場のたいていの山は大丈夫のはず。

朝、国道1号線をひた走り。
リトルカブ、だいぶいいですが、まだちょっとキャブセッティングが合っていない。
全閉からの開け始めで、わずかな遅れがある。1/8付近パーシャルでのガクつきもある。
エアスクリューの調整が必要だ。ちょっと濃くしなくてはならない。
ドライバー持ってくればよかったなあ。すぐ調整できたのに。

さて肝心の箱根の坂の登り。
期待以上によく登ってくれました。スローペースとはいえ、四輪車に遅れをとるシーンはほとんどなかった。
最終減速比を変えたいという印象を持っていましたが、上り坂限定で言えば、このままでいいのじゃないか?
迷いはじめました。

箱根の山の上は、寒い!!!
まわりの山々には雪が残っています。
気温は2~3度しかない。薄着すぎた!!
d0161702_19005810.jpg


金時山登山口に着いたときには、ブルブル震えていました。
登り始めるときには脱ぐつもりで着てきたジャケットやオーバーパンツは、着たまま歩き始めた。
d0161702_19011312.jpg
登山道入り口にある、金時神社に参拝。頼光四天王の一人、坂田金時を祀っています。
道のりの無事を祈ります。
d0161702_19014998.jpg



最初のうちは緩やかな登山道です。
なんせ3ヶ月ぶりの山登りなので、体力の低下が不安でした。
が、感触はいい。
d0161702_19020097.jpg


だんだん傾斜がきつくなってきました。
空は晴れているのに、木の上からポタポタとまるで雨のように水が落ちてくる。
積もった雪が溶けているのです。
なので上着を脱げない。
d0161702_19025536.jpg



稜線へ出ました。箱根外輪山の稜線上です。
金時山は、山頂が近づくに従って傾斜がきつくなります。
d0161702_19030868.jpg



歩きはじめて1時間ちょうど、金時山の山頂へ登頂しました。
d0161702_19031959.jpg

つづきます。


トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/24054604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2017-04-05 19:03 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとVW GolfGTIで遊びに行く日記帳です


by punto1150