リトルカブをボアアップしました その1

三連休はリトルカブの作業に費やそう。
まずはボアアップキットを取り付け、85ccへ排気量拡大。
燃焼室清掃と吸排気バルブのすり合わせもやる。

同時にΦ16ビックキャブキット取り付け、強化オイルポンプ、強化クラッチも取り付ける。

1日で終わるか?微妙なラインです。
なんとか2日で作業を終え、1日は慣らし運転につかいたいところ。

使用した社外パーツ、純正パーツは過去記事どおり。


スーパーカブシリーズのボアアップ作業はそれはもうメジャーな作業ですので、ネットでいくらでも記事が見つかります。動画もたくさんある。詳しいところは先輩方に譲るとして、僕が気になった部分をピックアップしていきます。

まずはマッドガード、エキパイ、キックペダル、ステップ、左のクランクケースカバーを取り外す。
そしてキャブレターもまるごと取り去ります。
d0161702_19144555.jpg


クランクシャフトを回して「Tマーク」をあわせて上死点を出し、カムギアの合わせマークを確認。
油性チョークでマークを付けておきました。
このカムチェーンがずれると難しいことになりそうなので、そこは慎重に。
d0161702_19150061.jpg



カブのエンジン、特にシリンダーヘッドまわりには紙製ガスケットが多く使われています。
必要なガスケットはキタコのセットに全て含まれていますが、このガスケットが難物。
全部のガスケットが貼り付いて固着しており、プライバー(てこ)が必要です。
そして、これを剥がすのが面倒くさい。
オルファのスクレーパーで可能な限り剥がして、オイルストーンで磨いてきれいにする必要がある。
d0161702_19151733.jpg


シリンダーヘッドを外しました。
d0161702_19152716.jpg



カムシャフトは固定されておらず、外れてきちゃいます。
d0161702_19154303.jpg


上死点でのカムの位置をチェックしておく。
非常にシンプルなシリンダーヘッドです。
d0161702_19155668.jpg



ロッカーアームのシャフトは、サイズの合う適当なボルトを回して差し込み、引っ張ると抜けます。
とてもシンプルです。
d0161702_19162539.jpg


燃焼室はカーボンに覆われています。
これをきれいにしたい。
d0161702_19164105.jpg


排気ポートも真っ黒。カチカチのカーボンに覆われてます。
d0161702_19164934.jpg

つづきます。



トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/23999475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kachi at 2017-03-23 18:31 x
こういう作業ってどんなエンジンでも基本は同じなんでしょうけど、エンジンをばらしたことがない私はやっぱり手を出すのに勇気がいりますねぇ。
空冷だから水冷に比べて一手間くらいは楽なんでしょうけれども、このカーボンでどうやってこそぎ落とすのか、興味津々であります。
次回を楽しみにしています。

Kachi//
Commented by punto1150 at 2017-03-23 19:04
Kachiさん
やっぱりエンジンを分解するのは最初勇気が要りました。でも、何回かやっているうちに慣れましたよ。

カーボン汚れは以前コメントで便利なケミカルを教えていただいて、だいぶ楽に作業できました。ワコーズのリムーバーという商品です。強力な汚れ落とし能力があり、カーボンはサーッと溶けていきましたよ。
強力なので、塗装などに付いたら一発で剥がれてしまうので、取り扱いは要注意です。
by punto1150 | 2017-03-21 19:18 | リトルカブ | Trackback | Comments(2)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150