ローグワン/スター・ウォーズストーリー観てきました

バイクのパーツも届かないし、週末の予定があいてしまいました。
そこで一人でぶらりと、映画を見に行くことにした。
「この世界の片隅に」(7回目)とローグワンを続けてみてきました。

まあ、「この世界の片隅に」はいまさら言うますまい。名作です。
今回は大スクリーンを最前列で観てみたんですよ。美術の細かい所見ようと思って。
何回見てもラスト近くの孤児がすずさんに寄り添っていくシーンで涙がでるので、目をそらしていたというw

さてローグワンです。
僕は今で言うEP4からすべて封切り時に劇場で見ています。古参のスター・ウォーズファンだと自負している。
特に「帝国の逆襲」は人生で劇場で最多回数見ている映画なのです。たしか中学生の時だった。
当時は入れ替えがなかったので、朝一で劇場に入って夕方までずーっと繰り返し見ていた。1日3回×4日、合計12回も見たのです。セリフもほとんど覚えていた。たしか模擬試験の受験料を勝手に使って映画見てたのですw

TVアニメ版のスター・ウォーズも多くを見ています。
ただし、小説・コミック版は全部は読んでないですが…… スター・ウォーズシリーズすべてを網羅しているファンはきっといるのでしょうね。

そういう人間が見た、今回のローグワンです。

以下ネタバレあり。





まずローグワン、これはシリーズでいうところの「外伝」に当たるかな?
EP4でレイア姫がR2D2に託したデス・スターの設計図、これを奪う物語です。

いやー、まったくもって、意外性のない、予想したとおりのストーリーでしたよ。

おどろくほど保守的で、ありきたりな演出とストーリー。

何が意外性がないって、僕らは「デス・スターの設計図が無事持ち出され、反乱軍の手に渡る」ってことを事前に知っているわけです。ぜったいに失敗しない作戦だということを分かってみている。

「こんなふうな話が進むだろうな」という予想通りに進んでいくので、逆に驚いた。

ツッコミどころが多いのは、実はスター・ウォーズシリーズ全般に言えることなのであえて言うますまい。

だから、ストーリーを楽しもうという向きには向いていない映画です。
劇場のスクリーンでスター・デストロイヤーやタイファイター、Xウイングが見たい、ダース・ベイダーが見たい、というコアなファンが楽しむものといえるかも。


ダース・ベイダーは2シーン出番があり、特にラスト近くのベイダーはものすごいかっこいいです。無敵無双です。このシーンだけでも観に行ったかいがあった。
(でも、なぜかベイダーはガタイが良くなってたなあw 肩幅が広すぎてちょっとベイダーっぽいシルエットではなくなっていた)
ベイダーの声を演ずるジェームズ・アール・ジョーンズ。彼の英語の発音が大好きで、彼のセリフだけ集めて覚えたりしていたものです。ベイダーの声は彼以外に考えられない。もうかなり高齢のはずですが、彼が死んだらベイダーも死ぬのでしょうね。

細かいこというと、ATATの強度が妙に低くなっていたのが気になったな。かんたんに倒されすぎる。

この映画最大の驚きは、モフ・ターキンの登場。
演ずるピーター・カッシングはとうに亡くなっていますが、顔をCGで作ったのでしょうね。
CGであれだけ顔を作れるというのはすごいなあ。ただ、表情の変化は少なかったし、そういうキャラクターだからできたのでしょう。
レイア姫もワンカットだけ、同じ手法で出演していました。こちらも無表情でしたね。

やはり、CG含めた特殊効果の進歩を実感します。シリーズ通してみているからこそ、隔世の感がある。
昔はやりたくてもできなかったであろう複雑な特撮シーンがポンポンとでてくる。そして、きわめて自然です。EP1や2で感じたCGの不自然さは微塵もない。
でも、はっきりいいます。特撮シーンは「帝国の逆襲」が最高です。あれは革命だった。

新三部作(EP1~3)で感じていた最大の不満は、旧三部作のキャラクターとメカがあまり出てこないということ。
しかしこの映画を見てわかった。
はっきり言ってしまえば、ダース・ベイダーが「コーパー、コーパー」と呼吸してスクリーンにでてくればそれがスター・ウォーズだということです。アナキンもアミダラもどうでもいいらしい。

ストーリーがありきたり、とこきおろしておきながら、この映画にはダース・ベイダー、モフ・ターキン、ストームトルーパーが出演し、スター・デストロイヤーやタイファイター、XウイングYウイングが飛び回る。それで十分満足した。それがスター・ウォーズの構成要素なのです。



トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/23797959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kachi at 2017-01-23 22:49 x
私もスターウォーズは一作目(エピソード4)から全部見ているのでおっしゃることはなんとなーくわかります。
エピソード4は高校一年の時だったかな。
衝撃的でしたねぇ。
また全シリーズ見て見たいな。

Kachi//
Commented by punto1150 at 2017-01-24 19:04
Kachiさん
スター・ウォーズって、その時点での特撮技術の最先端を見せてくれる作品なんですよね。
EP1から全面CGというかなり思い切ったことをやってきましたし。

僕の年代はどうかわかりませんが、アメリカじゃアナキンって人気があるみたいです。若くて美形ですからねえ。でも、僕が求めてるスター・ウォーズは美形とかそういうんじゃないんですよ。
by punto1150 | 2017-01-23 19:18 | 日記 | Trackback | Comments(2)

BMW R1150GSとVW GolfGTIで遊びに行く日記帳です


by punto1150