足柄古道遠足

いやーさむい11月ですねえ。
神奈川県では先日雪が降り、しかもちょっと積もりました。さすがに平地の雪はすぐ消えましたが、箱根の山の上ではいまだにチェーン規制。こんなことは50年ぶりとか。
そのおかげで週末の登山予定は中止。冬山登山になってしまう。

ですが、すこし時間を遡りまして、11月上旬の文化の日、職場の仲間達(約10名)とハイキングに行ってきたときのことを記事にしましょう。

大雄山線終点の大雄山駅をスタートし、足柄古道を歩き、足柄峠を越えて静岡県へ降りる。JR足柄駅がゴールです。
(なぜJRをつけたかというと、同名の足柄駅(小田急線)が神奈川県にあるのです)

このルートは、今年6月に歩いたルートとほぼ同じ。




足柄神社で旅の安全を祈願して……
d0161702_17470342.jpg
コスモス満開の道を歩きます。
d0161702_17470998.jpg




なんせ今回は、パーティー最年少は7歳、いままでになくペースがゆっくり。
昼食予定の地蔵堂、足柄古道万葉うどんに到着したときには12時40分、予定を1時間半以上オーバーしていた。

万葉うどんは、10年ほど前まではマイナーなお店で、土日昼に行っても待たずに座れたのですが、TVで取り上げられるようになって以来、いつも行列ができていた。
行列や混雑が嫌いな僕は、この7~8年万葉うどんを避けるようになっていました。

祝日の今日はまたいちだんと混むかな?と思いましたが、さいわい4,5人待つだけで済みました。
肝心のうどんの画像は……店内が暗くてね… 失敗してしまった。





歩きはじめて5時間、足柄峠に登頂!
d0161702_17475529.jpg
予定より2時間オーバーながら、小学生もちゃんとついてこられました。
ここからあとは下るだけ。




前回、一部区間が工事中通行止めで通れなかった部分が今回は通れた。

はじめて歩いてみたこの道、ずっと渓流沿いに歩いていきます。
小さな滝がありましたが、ここは「銚子が淵」という所です。
d0161702_17480672.jpg
この滝にはいわれがあり、江戸時代、祝言の場で花嫁がお銚子を持って客人にお酌している最中、おならをしてしまったのです。それを、皆がわっと笑った。
花嫁はそれを恥じて、お銚子をもったまま逃げ出し、この滝に身を投げて死んだのです。
それ以来、ときどき花嫁の草履がこの淵に浮かんでは沈むようになったとか。
村人は花嫁をあわれみ、地蔵像を建てたという民話が伝わっています。
いま、地蔵像は水中にあり、砂に埋まって見えないということです。



この道はなかなかいい。
薄暗いのですが、ずっと近くを沢が流れて心地よい。
d0161702_17481788.jpg


予定よりかなり遅くなり、日が暮れ始めました。
森のなかで日が暮れたらえらいことですが、子供連れだし、急ぐことはできない。
d0161702_17482712.jpg


JR足柄駅に到着したのは17時半、すでに山の向こうへ日が沈み、ギリギリのタイミングでした。
d0161702_17483648.jpg
歩行時間は8時間にもなり、見積もりより3時間以上オーバー。
日が暮れる前に駅につけて良かった……
ちなみにJR足柄駅、券売機も改札もない無人駅。人懐っこい猫がウロウロする、のんびりした良い駅でした。




トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/23664366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2016-11-27 17:51 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150