大野山へ登ってきました その2

すっかり曇ってしまい、富士山は雲の中。
晴れてればきれいでしょうねえ。
富士山の左には2つのピークを持つ愛鷹山が見える。
d0161702_19453636.jpg


こんな道標がありました。
スカイツリーとおなじ634mなんだ。
d0161702_19454249.jpg


南を見ると、足柄平野と相模湾がよく見える。
d0161702_19454644.jpg








東には春に登った高松山が。
手前の建物は牧場っぽい雰囲気ですが、見たとおり、牧場なんです。
d0161702_19465543.jpg

大野山山頂は、なんと県立の牧場があったんです。
大野山乳牛育成牧場という牧場があった。今年3月で廃止されてしまいましたが、今は民間に業務が委託されて牧場は存続しています。大野山かどやファームという名称です。
d0161702_19471088.jpg


平らな場所をしばらく歩くと、突然山頂の標識が立っていた。
駅から歩くこと1時間半、大野山登頂です。
d0161702_19472512.jpg


大野山山頂は牧場があるくらいだから平坦ですし、車で近くまで登ってこられるのですが……谷峨からの登山道が一番景色が良かったですね。
15分ほど休憩し、下山を開始します。
d0161702_19473763.jpg


お、丹沢湖が見える。
丹沢湖を上から見下ろすのは初めてだ。
その先には加入道山や大室山が見えます。
d0161702_19474921.jpg



大野山、とても展望が良いです。
高松山を上回る。これはなかなか良い山ですよただ、麓に駐車場がないのが欠点かな。だから電車で来たのです。
d0161702_19480523.jpg


ススキの野原を下っていく。
これがけっこう厳しい傾斜なんですわ。
d0161702_19482571.jpg



よく整備されていた谷峨側の登山道と違い、山北側の登山道はあれているところもあり、よく言えば山っぽい。
気がついたのですが、アケビの実がたくさん落ちているのです。どうやらこの斜面はアケビの自生地らしい。美味しそうだけど、落ちてる実を食うのは気がひけるな。
d0161702_19485146.jpg


1時間ほどで舗装路に出た。
でも、舗装されてはいるけどかなりの急傾斜です。これ、車上がってこれるのだろうか?
d0161702_19490353.jpg


鍛冶屋敷、という地名の集落です。
古い村には古い石造物がある。道祖神や地蔵、庚申塔など……古い石造物がある場所は、古くからの道だという証拠です。
d0161702_19491548.jpg


御殿場線を越えた。
もう駅まではすぐそこです。
d0161702_19493073.jpg


山北の町中を歩く。
澄んだ水が用水路を流れます。いいですねえこういう町。
山に囲まれ、水が清らか。こういうところに住みたくなるな。
d0161702_19494200.jpg


山北駅前に到着。
下山には1時間40分ほどかかった。
ちょうど昼時です。腹が減った。
山北駅前ときたらしみず食堂です。

ここのカツ丼は実に美味しい。わざわざ食べに来るかいがある。
d0161702_19495736.jpg


山北駅から御殿場線に乗る。
何度もこの駅に来ているのに、改札を通って電車にのるのは初めて。
それがこの駅、券売機もICカード改札もないんですよ。窓口で切符を売っているのです。
いやーローカル線だわ。
d0161702_19500012.jpg
窓口で硬い紙の切符買うなんて、何十年ぶりだろう?改札が開くのは電車到着30分前。
昭和50年代に戻ったような感覚です。

そして、電車に乗る時がまたローカル線を実感。
2両編成の電車で、ドアを開けるときにボタンを押して開けるのですよ。
まじでびっくりした。

瓦葺きの駅舎、手売りの切符、電車の手動ドア、ローカル線の旅を満喫できましたよ。


トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/23564519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2016-10-20 19:51 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとVW GolfGTIで遊びに行く日記帳です


by punto1150