中央アルプス宝剣岳・空木岳登山 その11

空木岳を下っています。
途中のお花畑も美しい。
d0161702_19400200.jpg
d0161702_19412837.jpg






登ったり下ったり、細かい昇降が繰り返され、水平に移動していく感覚。
下山開始して2時間、標高はわずか400mくらいしか下がってない。山を降りてる感じがしない。
d0161702_19420427.jpg



岩の鎖場もあります。ここは「大地獄・小地獄」と呼ばれる難所。
この点を見れば、初心者にはやや敷居が高いか。
でも数々の危険極まる岩場を越えてきた僕には、難なく降りていける。
d0161702_19421806.jpg



美しい森です。
きのこがいっぱい生えていた。登山者はキノコを取らないので、いくらでも生えているのです。
d0161702_19422960.jpg
d0161702_19430452.jpg



池山小屋ちかくの水場に到着。
d0161702_19431500.jpg


この時はほんとうに嬉しかったなあ。大量の汗をかきながらも、水は残り0.5Lほど。飲水を我慢して我慢してここまで来た。
どれくらい体内の水分が不足しているかといえば、この二日間で6リットルもの水を飲みながら、小用はたった2回だけ、といえばわかると思います。

この世にこれほど美味い飲み物があるのか!
いくらでも飲める。
水で満腹になるほど大量の水を飲んだ。それでも尿意を感じない、それくらい水を欲していた。
d0161702_19432975.jpg



この時は、さすがに水飲み過ぎたと思っていました。
きっと後でトイレ近くて困るだろうなと。
どうせいらないだろうけど、一応水をハイドレーションへ汲んでおくか。

しかし、それは悪い意味ではずれた。
ふもとは近いとおもいきや、本当の急坂はこの先だったのです。



下山を開始して3時間、朝から歩き始めて8時間半、カラータイマーが点滅を開始した。
疲労をはっきり感じ始めた。足の筋肉が悲鳴を上げ始めた。
膝の痛みこそ起きていませんが、足裏のマメが痛い。

疲労のために視点が動かなくなり、目の前数メートルの地面をじっと見つめながら歩くようになってきた。
が、ふと上を見ると面白いものが見えた。
d0161702_19440464.jpg


これ、みたことある!
木の枝から髪の毛みたいに垂れ下がるコケの一種、サルオガセです。
d0161702_19442368.jpg
つづきます。



トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/23462113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kachi at 2016-09-04 22:00 x
なんだかもののけ姫の森みたいですね。
こういうところまで自分の足でいくというのはかなり大変そう。
でも、クルマやバイクで行けるところでは見られない景色に出会えるのは魅力ですねぇ。

Kachi//
Commented by punto1150 at 2016-09-05 19:16
Kachiさん
旅行やツーリングの楽しみは色々あります。バイクに乗ること自体も楽しいし、美味しいものを食べて回るのも楽しみです。

でも、なんといっても景色の良さ、自然を楽しむってのが大きいですよね。山登りって、上りも下りも正直つらくて苦しいのですが、やっぱり「歩いてここまで来ないと見られない景色」を見ることができるのが最大の楽しみなのです。

景色を楽しむという点にかけては、登山はベストの手段ですよ!
まー正直、登らず行ける絶景ポイントってないかしら?って思ってますけどねw
by punto1150 | 2016-09-02 19:46 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(2)

BMW R1150GSとVW GolfGTIで遊びに行く日記帳です


by punto1150