中央アルプス宝剣岳・空木岳登山 その1

夏休みを取り、行ってきました中央アルプスへ。

まあ、先に書いておきますと、実に素晴らしい登山、そして最大級のキツイ登山でした。

二泊三日、山の上では一泊二日、総歩行時間17時間以上にもわたる長時間行動ですので、かなりの長期連載になりそうです。


水曜日の夜、仕事を上がってその足で出発。
足柄温泉で昼間の汗を流して着替える。

長野県駒ヶ根市の、菅の平バスセンター駐車場に夜11時過ぎに到着しました。
d0161702_08022511.jpg


翌朝5時起床。
若干寝不足ですが、元気はたっぷりある。

夏の繁忙期には2,3時間待ちもありうるという登山バスですが、朝の5時半にはチケット売り場に列ができ始めていた。あわてて並びます。

バスで狭いワインディングを30分登り、ロープウェイ乗り場へ。
d0161702_08022873.jpg






ロープウェイからの展望は素晴らしい。
東を見れば、南アルプスと……富士山のてっぺんだけが見えた。
天気予報は曇のち雨でしたが、最近の天気予報は当てにならんですからねえ……
d0161702_08023167.jpg



千畳敷カールへ到着!!
標高はすでに2600mを超えています。
d0161702_08023632.jpg
雲一つない晴天。素晴らしい絶景です。
ただ、この斜面を歩いて登るのか、という点だけが気がかりですw



d0161702_08024020.jpg


いやーいい天気です。天気予報が外れてよかった。
この絶景が見られただけで今回の旅の意味がある。


反対側の東を見れば、南アルプスの山々が一望です。
駒ヶ根市街は雲の下。ってことは、平地じゃ曇りの天気予報はあたってるわけだ。
キャンプ場のある陣馬形山も雲の下です。
d0161702_08024378.jpg


アップにすると、富士山山頂がチョコンと見えます。
d0161702_08050798.jpg




この斜面を登っていきます。
かなりきつい登り。息が上がってくる。標高が高くて空気が薄い。
d0161702_08051065.jpg



ロープウェイ乗り場が遠ざかっていく。
この頃は登山客はちらほら歩いていました。夏休みとはいえ、平日なら空いてますねえ。
d0161702_08051330.jpg


この辺りの山々は、花こう岩でできています。
色が白く、四角く割れて風化しやすい特徴があるので、こういう独特の景観になる。
d0161702_08051651.jpg



上がるにつれて傾斜がきつくなる。
背中の荷物は水も食料も満載状態ですから、重たい。
d0161702_08051952.jpg

d0161702_08052246.jpg



稜線上へ上がってきました。乗越浄土という峠です。
この先に分岐があり、右へ行けば木曽駒ヶ岳ですが、今日はそっちへ行きません。
d0161702_08061746.jpg



目指すひとつ目のピークはこれ。
宝剣岳です。
d0161702_08062345.jpg

みるからに険しい……ほんとうに険しい岩山です。
というか、本当に登れるのか不安になる山容です。

西を見ると、一昨年大噴火した御岳山が見える。今日は噴煙がないな?
d0161702_08062601.jpg
続きます。


トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/23381156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2016-08-07 08:12 | 登山・ハイキング | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150