3トンハーフトラックの仕上げ進行中

パーツを接着していきます。

が!!なんとこの間、細かいパーツを折ってしまった……折った先のパーツは消滅……
仕方ないので、折れた状態で作るしかない。
d0161702_19171185.jpg

土ぼこり汚れを作ります。
まずは乾燥した古い土ぼこり。
ヘアスプレーを吹いてからタミヤのダークアースとバフを混ぜた色を遠くから軽く吹き付ける。
d0161702_19173117.jpg
そして、水で濡らした筆で上から下へこすります。
するとこんなふうに土ぼこりっぽくなる。
d0161702_19181684.jpg





フロントウインドウも同様に土ぼこりをつけ、ワイパーを接着します。
d0161702_19182982.jpg

歩兵砲にも同様の土ぼこりをつけます。
d0161702_19183324.jpg



キャタピラの接地部分はゴム製。ジャーマングレーを接地する部分に塗る。
d0161702_19183806.jpg
転輪の接地する部分も同様にジャーマングレーを塗ります。
実際のキャタピラ車両をみると、接地部分に泥汚れはほとんどついていません。泥はこすれて落ちちゃうんですね。



仕上げのウェザリングに入る前に、ベースを進めましょう。
切り出したスチロールボードを削って整形し、木工ボンドを全体に塗る。

d0161702_19200046.jpg

今回は紙粘土をベース素材に使います。石膏より立体的な形が作れるのがいい。
粘土がカチカチなので、事前にお湯に入れて温めておきました。
d0161702_19201291.jpg


針金で木の根っ子を作り、差し込みます。
d0161702_19203888.jpg

紙粘土を塗りつけ、レザーソーの刃で縦になでつけ、木のテクスチャをつくる。
d0161702_19204978.jpg

全体に水溶き木工ボンドを塗りたくり、茶こしで石膏とミラコンの混合したものをふりかける。
d0161702_19205776.jpg
乾燥したら、サイドを洗い木工ヤスリでガリガリ削って仕上げ、塗装できるようにアクリルのペーストをヘラで塗りました。
d0161702_19212179.jpg

まだ先は長い。


トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/23191805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2016-06-02 19:22 | プラモデル | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとVW GolfGTIで遊びに行く日記帳です


by punto1150