年度末の取り締まり強化

2月中旬から、僕が通勤で走っている西湘バイパスでの速度違反取り締まりが一気に激化しました。

西湘バイパスでの取り締まりは、ほぼ99%覆面パトカーでの速度違反取り締まりです。
通常は1台の覆面パトカーが巡回していますが、今のような年度末、検挙ノルマ達成が厳しいような状況だと、2台体制になります。
(もしかすると3台使う日もあるかもしれませんが、見たことはないです)

神奈川県にお越しのライダー、ドライバーの皆さんには、よくよく注意して欲しい。

西湘バイパス、小田原厚木道路には、必ず覆面パトカーがいます。ひとつ前の世代のクラウン ロイヤルサルーンです。
色は、黒、銀、白です。
アンテナ等、外から分かる特徴は一切ありません。「ロイヤルサルーン」バッジが無いことくらいです。



特に注意が必要なのは、神奈川県警のたちの悪さです。

通常、覆面パトカーでの速度取り締まりは、
1)パトカーは左側走行車線を法定速度で走る。

2)違反車両を見つけたら、追走を開始、速度計測に200mていど追走区間を要する。追走を始めたら、赤色灯を点滅させる。

という手順を普通取りますよね。

ところが、西湘バイパスでの覆面パトカーはこれらの手順を守りません。
まず、赤色灯をつけずに、追い越し車線を明らかな速度オーバーで突っ走る。
追い越し車線を走る他の車両に追いつくと、そこで追走して捕まえるのです。当然、赤色灯もサイレンも動かさずに速度超過をするのは違反です。でも、そんなの気にしない。

また、速度計測のための追走を行いません。
違反車両がパトカーを追い越した瞬間、サイレンを鳴らして捕まえるのです。
なので、気がつくのが遅れる。
あっと思った時にはもうサイレンを鳴らされています。

西湘、小田厚では、速度を守りましょう。「俺は覆面パトカーを見分けることができる」ってのは自信過剰。
毎日、必ずいますよ。


トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/22936559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by makkuroGS at 2016-03-03 12:26
先日の河津桜からの帰りに小田厚上りで、覆面が違反車を検挙していたので、安心して走っていたら、数キロ先でもう一台の覆面がいました。
時間的にも午前11時を過ぎた頃でしたが、上りに2台の覆面がいたのは始めて見ましたよ。
伊豆スカの亀石峠のストレートで、上り下り同時にネズミ取りやってましたね。
速度は守って走りましょう!
Commented by punto1150 at 2016-03-03 18:57
西湘バイパスは2台の覆面、普通にいますよー。
そのかわり、普通のパトカー、白バイは滅多と見かけないのです。
記事本文では書かなかったのですが、茅ヶ崎の海岸沿いには普通のパトカーがいつも張り込んでいます。信号無視を狙っているのです。

静岡県警はネズミ捕り大好きですよね!
箱根でもやってるし、伊豆でもやってるし、三保でも何度も見た。
逆に、なぜか最近、神奈川県警はレーダーを使ったネズミ捕りは滅多とやってないのです。理由は不明ですが……
by punto1150 | 2016-03-01 19:07 | クルマ | Trackback | Comments(2)

BMW R1150GSとVW GolfGTIで遊びに行く日記帳です


by punto1150