VWゴルフのエンジンルームから異音?

雪道ドライブからの帰宅後、洗車を終えて移動のためにエンジンを掛けたところ、普段と違う音が聞こえてくるのに気がついた。

キュルキュル……という回転音。

エンジンフードを開けてみると、どうもエンジン右側から聞こえてくる音だ。
しばらく耳を澄ませていましたが、おそらくアクセサリーベルトテンショナーから聞こえてくるような……
だが確信が持てない。
このあたりにはオルタネーターやエアコンのコンプレッサー、タイミングベルトなど、回転するものがいっぱいある。

実を言うと、エンジンルームからの異音は数カ月前から気がついていた。ベルトを交換した時期と一致する。
だが、その時点では気にするほどの音量じゃなかったのです。
八ヶ岳への往復で急激に音が大きくなったような。

日を改めて、ちゃんと原因を突き止めるべく、ふたたびエンジンフードを開ける。
17ミリレンチを使ってベルトテンショナーを回して、穴に六角レンチを差し込んで固定。
アクセサリーベルトをちょっと横へずらし、テンショナーのプーリーを手で回してみる。
d0161702_09275964.jpg
異常ない。
プーリーの回りもスムーズでガタもなく、異音もない。

オルタネーターのプーリーも回してみた。やはり異常ない。

念のため、ベルトのかかり方をしっかり手直しして、エンジンをかけてみたら……

異音が消えた!

どうやら、前回ベルトを交換した際、ベルトのかけ方が良くなかったようです。もしかしたら若干ずれてかかっていたのかもしれない。
見えないからといって、ぱっと作業してOKとはしないほうがいいですねえ。
しっかりプーリーとベルトを指で触り、かかり方を点検しないといけなかった。僕の作業ミスです。

まあ、異常がなくてよかった。結果オーライということにしましょう。
次のベルト交換のタイミングには、テンショナーも交換したほうがいいかもしれませんね。


トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/22906214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kachi at 2016-02-22 22:23 x
ベルトって、少しずれてはまっていても回転しているうちに定位置にしっかりはまるものだと思っていましたけど、そうでもないんですね~
四輪はどうも敷居が高く感じるんですが、私も少しずつ挑戦してみようと思います(^^)

Kachi//
Commented by punto1150 at 2016-02-23 19:31
Kachiさん
どうも、ずれていたのは数ミリだったようなのですが、走っているうちに徐々にズレが大きくなってしまったようです。ベルトにもプーリーにも溝が入っているので、そこがかっちりかみ合っていないとダメなんですね。わずか数ミリでも音が出てしまった。

たしかに車の整備はちょっととっつきにくいです。僕もそうです。
原因を考えてみると、各パーツへ手が届きにくい=いろいろパーツを外さないと目的のパーツへ届かない というのが一つありそうです。
もう一つは、僕の場合ですが、車の下へ潜るのが怖い、ってのがあるんですよ。何トンもある車の下に入って、ウマがはずれたりしたらどうしよう、っていつも心配になる。
こればっかりはなかなか慣れないです。
by punto1150 | 2016-02-21 18:44 | クルマ | Trackback | Comments(2)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150