新スタッドレスタイヤのドライ道路インプレ

ナンカンNS-1からネクセンWINGUARD ICEに変わったスタッドレスタイヤ。
d0161702_07411844.jpg
先日のヤビツ峠への往復が初走行となりました。

その印象としては、「なかなかいい」です。

ドライのアスファルト路面でのネクセン、スタッドレスタイヤとしては安定感もハンドリングも悪くはない。乗り心地もいいし、ロードノイズも少なめ。
普通に走っている分には不満が出ません。
この点ナンカンより優れている。
d0161702_07412231.jpg
ナンカンNS-1は非常にゴムが柔らかく、クニャクニャした接地感で、ドライ路面ではかなり怖かった。
実際、パニックブレーキが間に合わず、追突事故を起こしたのを思い出します。
これはNS-1が常時凍結、常時積雪路面をターゲットにしているタイヤだからです。北海道とかで使うには適合している。

たまに雪道へ、という神奈川県民のクルマには合わなかったというだけです。

ネクセンは少なくともドライアスファルト路面では悪くなかった。
あとは積雪路面、凍結路面を走ってみないと、スタッドレスタイヤとしての真価はわからないですね。


トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/22753625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2016-01-08 19:10 | クルマ | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150