ゴルフのDSGオイル漏れを補修

紅葉を見るには最後のチャンスの週末でした。
が!仕事中にちょこっと右手首を痛め、スロットルをひねるのが痛い。通勤の一時間なら我慢できますが、一日乗るのはちとつらい
この歳になると、痛めた当日じゃなくて、翌日、翌々日から痛くなってくるw

しかも車検目前にして車にトラブル発覚。そっちを先に解決しておかないと心安らかに走れない。
で、この週末は手首の痛みを我慢しながら車いじりです。

先日ゴルフ5のDSGトランスミッションにオイル漏れを発見。
いっとき真っ青になりましたが、原因は意外にシンプルだった。

DSGオイルフィルターのハウジングからのオイル漏れでした。
原因は、Oリングの不良と考えた。
互換品のOリング、材質が良くなかったらしく、1年でダメになってしまったようだ。

今度は純正品を使います。
Oリングだけではすぐに手に入らず、フィルターも込みで2100円なり。
d0161702_18550092.jpg




エンジンフードを開けて、バッテリー、その下のベースを取り外します。
するとDSGオイルフィルターハウジングが見える。
その周囲にオイルが漏れだし、テカテカ光っています。
d0161702_18550719.jpg
漏れたオイルは最後に掃除しますので、そのまま。
24ミリソケットを使ってフィルターハウジングを取り外しました。
d0161702_18551342.jpg
1万キロしか使ってないフィルターは、まだ交換する時期じゃないのですが、新しいのを取っておいてもしょうがないので使っちゃいます。
互換品のフィルターは悪くはなかった、と思う。
d0161702_18551799.jpg
これが問題のフィルターハウジングのOリング。
左が純正の新品ですが、見て分かる通り、純正のほうが太さが若干太い
d0161702_18552286.jpg
触ると違いは一段とはっきりし、古い方は固い。弾性が失われているのがはっきりわかる。
ダメになったOリングの典型的症状です。

ハウジングにOリングを取り付けました。
シリコングリスを薄く塗っておくとはめ込みやすい。
d0161702_18552994.jpg
元通り取り付けます。
締付けトルクは20Nmで、かなり軽め。プラスチック製なので締め過ぎは破損につながります。

フィルターハウジングまわりをきれいに掃除してから、バッテリーを元へ戻し、エンジンをかけてしばらく置いてみます。
オイル漏れはない。原因はOリング不良で当たっていました。

さらに念を入れて、買い物がてら1時間ほど走ってきましたが、オイル漏れはまったくなし。完治したようです。
d0161702_18553398.jpg
さて次は難題のDSGオイルレベルの調整です。
つづく。


トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/20051916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2013-12-02 18:59 | クルマ | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150