RMeuropeanで車のパーツを買ってみたが…

ちょっと前に書いたように、海外通販でDSGフルードその他を買おうと決心しました。

価格を調べてみると、オイル5リットルとフィルターセット、若干RMeuropeanのほうが安い。世界中どこへでも出荷しますよ、とサイトに明言してあるのも心強い。

で、さっそく注文してみました。
目当てのものをカートに入れ、チェックアウト。

配送先を指定する段になって、あれ?と思った。
海外発送だと、bongo International というサービスを経由して配送するようです。

bongoのサイトに誘導されたのでなんだこれ?と調べ始めました。どうやら、「仮の住所」をアメリカ本土とヨーロッパにつくり、そこへ配送させた後に日本その他へ改めて出荷するシステムらしい。
海外配送お断り、という通販サイトは多いですが、その障壁を取り除いてくれる画期的サービスということです。

ブログなどの日本での利用レポートを調べると、やっぱりバイクや車関係が多いなあ。みな悩みどころなんですね。
どこからの圧力かわかりませんが、日本へは送らないよ、という通販サイトがすごい多い。




なんとなくビビりつつも、bongoのアカウントを作り、カード情報を入れました。
登録情報では、アメリカだとコネチカット州ブリッジポート市に、ユーロだとベルギーのブリュッセルに「仮の住所」が作られる。
検索すると、どっちもbongoの会社があるところのようです。

さて、bongoについて検索すると、みんなが引っかかってるポイントがbongoの本人認証システム
bongoのアカウントを作ると、5ドルの登録料が請求され、同時に0.01~1ドルの任意の金額が返済される。
その返済額を入力すると、やっと正規にアカウントが確認されて利用可能になる、という独特のシステムです。

案の定、私も引っかかりました
申し込んだのが金曜夜だったので、土日を挟んで、明細書に反映されたのが月曜日。
それまでずっと金額がわからずに往生していました。

月曜夜。
カード会社のサイトで明細を見てみると、利用額は399円。つまり、約5ドル。あれれ?返済額とやらが反映されてないよ?明細のどこにもそんなの書いてない。

カード会社に電話です。
長々と自動音声を聞かされて、やっと人間につながった。
カード会社によれば、請求されてるのは5ドルのみで、返済は請求されていないと。

ふりだしに戻りました。

bongoのヘルプで返済請求がされてないから、またしてくれとメール。
英語不得意だから、翻訳サイトの世話になりつつ、四苦八苦。
すると、請求はしてあるからカード会社のほうへ問い合わせろ、という返事。もうしたっちゅうねん!!

二度目のカード会社のサポート電話
らちがあかない。
知らぬ存ぜぬの一点張り。サポートの姉ちゃんが馬鹿なのか、カード会社のシステムが役に立たんのか。

電話口の姉ちゃんと言い合っていても仕方ないとあきらめ、メールフォームから問い合せてみました。←いまここ

カード会社への不満もさることながら、bongoもなんでこんな手間のかかる認証方法を採用してるんだろう…やっぱりカード詐欺とか多い国だからかなあ?この点だけはイギリスの通販会社のほうがずっと利用しやすいですね。

正直、楽天カードとbongo両方へイライラしている最中です。
トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/16237664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2012-07-04 19:45 | クルマ | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとBMW 320dで遊びに行く日記帳です


by punto1150