BMW R1150GSのリアブレーキパッド交換ほか

d0161702_712057.jpg

同じくMotobinsで買ったステンレス製のパッドピン
古いものはすっかり錆びてしまいました。表面のコートがはがれると、もう磨いても磨いても錆びてしまうようになる。
錆びたピンはパッドの動きを阻害します。ステンレス製なら錆の心配はない。
d0161702_712448.jpg

古いパッドピンからカラー?スペーサー?を移植します。
無理やりマイナスドライバでこじって取り外しましたが、ほかに何かいい方法あったかな?
新しいピンへハンマーで叩いて押し込みました。




新しいパッドには面取り。
d0161702_712954.jpg

ヤスリでパッドの角を削って形を整えます。
このフェロードのパッド、ベースの板がサビみたいな色してるんだよな…新品なのに錆びてるように見える。

キャリパーのピストンを押し戻しますが、まずはCICのメタルラバーグリスをピストン外周に吹きつけ、指でピストンを押し戻します。
なにしろ新しいパッドが分厚い。めいっぱい押し込まないとパッドがはいりません。

押しこんでもなかなか戻っていかない場合は、リザーバータンクの蓋を緩めて圧の逃げ場を作ってやる。
たいてい、フルードが溢れでてくるので、そのための養生はしておく必要があります。

途中で指が痛くなり、やむを得ず古いパッドを当てて、ウォーターポンププライヤーで押し戻しました。
この方法は以前フロントでピストン表面を割ってしまうという失敗をしているので、やりたくないんですよね。
直接プライヤーを当てると傷が付くので、古いパッドを当てました。
はみ出したグリスを拭き取るのを忘れないよう…

ホイール、ブレーキキャリパーを取り付けました。
リアブレーキはしばらく慣らしが必要でしょう。

実は、すでにリアブレーキ用のOHキット、ステンレスホースなどなどを買ってあるのです。
フルード交換の時期も過ぎている。
リアブレーキ全体のリフレッシュの準備が整っており、近々作業する予定。

でも、ホイールを取り外すというついでがあったので、先行してディスクとパッドだけ交換してしまいました。
ディスクだけ新しくすると、古いパッドのせいで変な当たりがついてしまうかもしれない。

ついでのまたついで。
リアデフのここ、ブリーザーから若干オイルがにじんできていたので、交換したい。
このパーツはただ引っ張ればぬけてきます。
d0161702_71392.jpg

Oリングともども、プリーザーを交換してやりました。
d0161702_714554.jpg

この日の作業はついで、そのまたついで、と芋づる式に作業が増えてしまって、まる一日かかってしまった。
本当はアイドリングの調整やらエアクリーナーの洗浄やらやりたかったけど、時間切れでした。
トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/13514862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えいきち at 2011-05-05 19:45 x
はじめまして。
先日自分もリアブレーキのOHした所です。引き摺りがひどかったので、交換出来るパーツは全て交換して、引き摺りは解消したのですが、ピストンの動きも悪くなかったし、ゴム系パーツの劣化も激しくなかかったです。なんとも釈然としない結果となりました。
プントさんのGSはどうですか。引き摺りはなかったですか?
PS パッドピンのカラー?取れるんですね!? 知らなかった...。
Commented by Punto1150 at 2011-05-06 08:38
パッドピンのカラーは、無理やり外しました。鉄製でさほど固いものじゃなかったので、広げて外し、取り付けてから締めて元のサイズに。強引でしたが。

ブレーキの引きずりは悩ましい問題ですね。
たいていはブレーキピストンのシールが固くなってピストンの戻りが悪くなるので発生すると言われていますが、そうとばかりは言えないです。

まず、ブレーキをばらした直後はたいてい引きずってます。キャリパーを脱着しただけで引きずりが起きる。これは走行することで馴染んできて、解消することが多い。特にパッドやディスクを交換するとかなり長い時間引きずってますが、500キロくらい走るとよくなる。

それでも引きずりが治らないときは、パッドの相性があるかなと思っていますが、検証できていません。

私の場合、ちょっと引きずってるくらいなら気にせず走ってしまいます。手でホイールが回らないほど引きずっていたら、キャリパーを外し、パッドを外し、ピストンにCICメタルラバーグリスを吹いて、ピストン押し戻しの作業をやります。パッドピンが錆びていてもパッドの動きが悪くなるので、磨いてブレーキグリスを薄く塗ったりします。
Commented by ゆうぞ at 2017-04-18 18:40 x
いつも大変お世話になってま。

パッドピン、なかなか取れませんよね〜。今日、取り掛かったのですが、断念しました。

コツがありましたら教えてください。

よろしくお願いいたします。
Commented by punto1150 at 2017-04-18 19:29
ゆうぞさん
パッドピンは、錆びてしまうと非常に抜けにくくなります。抜けないほど錆びついてしまったら、ワイヤブラシなどで磨いてももう取り切れず、表面も凸凹になってしまう。
それをそのまま使うと、次にまた抜けなくなってしまいます。

抜けないパッドピンを外すには、ピンポンチで反対側(ホイール側)から叩いて抜くしかないと思います。
ブレーキパッドを交換し、ブレーキディスクを洗浄するという前提で、ピンにCRC556を吹くのも効果があります。この場合、しっかり油を取り去らないとブレーキが効かなくなるので要注意。

パッドピンを差し込むときは、モリブデングリスやブレーキシムグリスなど、耐熱性のあるグリスを塗ってから差すと、次に抜けやすくなりますよ。
Commented by ゆうぞ at 2017-04-18 20:30 x
早速ありがとうございます!

ピンポンチですか〜、ありがとうございます!

錆び錆びだったので、新しいパッドピン買います!

ちなみに、反対側からとありますけど、抜ける方向は一方通行ですよね??
Commented by punto1150 at 2017-04-18 20:46
ゆうぞさん
抜けないほど錆びちゃったら、新しいのに交換するのが無難です。

パッドピンは一方通行です。画像で見てもわかりますが、片方が太く、もう片方が太くなっています。
訂正!!
ホイール側からと書きましたが、これは間違ってました。
Eリングのはまっている方=表側 のほうが太いので、Eリングを外して、そこを叩いてください。ブレーキキャリパーボルトを外さない状態のほうが叩きやすいと思います。
by Punto1150 | 2011-05-05 07:05 | BMW R1150GS | Trackback | Comments(6)

BMW R1150GSとVW GolfGTIで遊びに行く日記帳です


by punto1150