R1150GSのフロントサス整備

ちょっと前、ヤフオクで中古のフロントサスを買いました。現在装着されているオーリンズをオーバーホール出す間のピンチヒッター要員です。

しかし、現物を見て分かったのは、バンプラバーの状態が悪い。ぼろぼろに劣化しています。スプリングも塗装のはげが目立つ。

本来なら新品のバンプラバーを買いたいところですが、基本的にフロントサスはアッセンブリー状態での販売です。バンプラバーだけ買うことが出来ない。

幸い、私はもう一本、使えない純正フロントサスを持っています。そのわけはこんな感じ

新たに入手した中古は走行約7万キロ。取り外した純正は約3万キロ。どのパーツも私の持っている純正の方が状態がよい。そこでこの二本のサスを組み直し、いわゆるニコイチにしてしまうことにしました。

わかりにくいので、元々バイクについていた方をA、ヤフオクで買ったのをBと書いていきましょう。
d0161702_19455574.jpg

まずはAのスプリングを圧縮し、取り外します。




d0161702_19461148.jpg

スプリングを外したAのサスペンション。しかしここでちょっと引っかかった。
d0161702_19462937.jpg

ここのパーツがなかなか取り外せない。どうもネジロックを使っているようです。
d0161702_19472544.jpg

使う工具も32㎜とでかいスパナが二本必要ですが、そんなの持っていない。大型のモンキーレンチを二本使って、ようやく外れた。
d0161702_194762.jpg

こっちがBの分解結果。バンプラバーは取り外すと同時にばらばらになってしまった。使用限度を完全に越えていたようです。

Bの方はダンパーユニットだけ生かし、使うことにしました。それ以外のパーツはAの方が良い状態です。シャフトにグリスを薄く塗り、全体を磨いて薄く油を引いておきました。
d0161702_19474597.jpg

Bのネジを清掃し、ネジロック剤を塗ります。
d0161702_19475814.jpg

AとBのニコイチで組み上がったフロントサスペンション。これを後に使う予定です。
d0161702_1948236.jpg

こっちが使わない方のパーツ群。ネジのつぶれたダンパーユニットと、ばらばらになったバンプラバーは捨てるしかなさそうですが、ほかのパーツはもしかしたら使えるかな? こんなのの出番が来るような事態はちょっと考えにくいですけど…まあ巨大なパーツじゃないし、物置の隅っこに押し込んでおきましょう。
トラックバックURL : http://punto1150.exblog.jp/tb/11218692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by punto1150 | 2010-05-31 19:49 | BMW R1150GS | Trackback | Comments(0)

BMW R1150GSとVW GolfGTIで遊びに行く日記帳です


by punto1150